DV冤罪

咳の対処法ありがとうございました。

調査中は咳は厳禁なので困っていましたが、ほぼ完治しました。

ちょっと前文が長くなってしまいます。

ご存知の方が多いと思いますが、僕が探偵になる切っ掛けは、元妻に浮気され、さらに僕をDVに仕立て上げ、さらに浮気相手の社長達の資金を使い僕を追い詰め、それに立ち向かった事から、その経験を生かし今の探偵という仕事をする事になりました。

経験を生かしたと言うか、ぶっちゃけその世界にハマってしまったとの言い方の方がいいかもしれません。

探偵になって結構長いですが、相手を敵だと認識しても僕が滅多にしない行為の一つにDV冤罪があります。

当時の僕の時代よりも、警察や役所は、夫をDVに仕立て上げる奥さんがいる事を認識して、昔よりは改善されたとは思いますが、それでもDV冤罪の相談はまだまだ多いです。

奥さんが警察や役場に駆け込み、シェルターなどに避難を求めた場合は、夫に事実確認を求めてしまうと、妻が逃げようとしていると夫に気づかれ、事が大きくなってしまうので、いまだに妻側の一方的な訴えで行政は動き、夫には伝えず、ある日忽然と妻や子供が行方不明になる事があります。

慌てて警察に捜索願を出しに行っても、奥さんの意思で家を出たから何も答えられないと伝えられ、夫は途方に暮れてしまいます。

この法律の必要性は認識していますが、この段階では「双方の意見を聞く事が出来ない。」のが最大の問題点だと思いますし、証拠なども必要なく、奥さんの一方的な話で行政の協力の元、合法的に雲隠れできるのもおかしな話だと思います。

よくあるパターンは、奥さんの浮気がバレ、その事を問い詰めた途端、警察に駆け込み、そのまま行方不明になる事です。

奥さんは警察や役場に浮気をした事は言っていないですが、夫が実は浮気がバレてそれで逃げたんだと、証拠を見せて話しても、警察や役場はそれでも絶対に対応しません。

奥さんが浮気の事実を話さなかったとしても、その他に聞いていた夫の酷い仕打ちも嘘だとは警察、役場は判断出来ません。

そもそも、後でどんな理由が判明しようとも、奥さんの虚偽の内容だと分かっても、一度認定してしまえば、警察、役場は認定した事を覆す事は出来ません。

奥さんが自分の意思で取り消しをしない限り、その認定は生きていきます。

DV冤罪の相談は多くされますが、解決するのにはかなり苦労します。

用意周到に事を運ばれていたら、それを覆すことはかなり厳しいです。

過去に完全に覆し、圧勝出来た事例はいくつかありますが、そのほとんどが失踪する前に、妻の浮気の相談や、妻の暴力、モラハラの相談、子供を虐待しているかもとの相談を受け、証拠を押さえるアドバイスをし、妻の悪事の証拠を押さえた後、奥さんが失踪し、その後、シェルターなどの専属の弁護士から慰謝料とか、離婚をしたいとか調停をされた時に、証拠として提出して奥さんの虚偽を証明し、逆に慰謝料を勝ち取った事はあります。

奥さんが失踪する事を、先に何らかの情報から偶然察知して準備が出来たか、証拠を集めていたら、意図せず失踪してしまい、結果的に証拠を使い勝つ事が出来た事例が多いです。

また、DVには段階がありますが、奥さんが地方裁判所に保護命令などを求めた場合、夫は弁解する機会を与えられますが、お互いに証拠がなく意見が食い違う場合は、ほぼ奥さんの意見が通り、保護命令が発動されます。

また、保護命令は急いで迅速な処置をしないと奥さんが危ないとの考え方があり、通常は裁判を申し込んでも、一か月先になりますが、保護命令は優先され、申し込まれてから一週間前後で裁判が出来ると決められています。

なので、夫側にしたら突然通知が来て、それも明後日に裁判所に行かないといけないとかになります。

その期間までに反論の書面を作ったり、証拠があれば証拠書類を作成したりしないといけません。

その場合は、仕事も休み、徹夜で作る勢いでないと間に合いません。

郵便受けを毎日確認していない人は、裁判当日だったり、過ぎてしまったと言う人もいますし、出張だったら帰ってから気づく人もいるかもしれませんが、それは負けになります。

奥さんと子供を探し続け、遠方の妻の実家に行き戻ったら裁判日が過ぎていたという人もいます。

頑張って、書類を作成しても証拠がなければ負けてしまいますし、奥さんの虚偽の証明をしないと負けてしまいます。

ほぼ、奥さんよりになる場合が多いです。

平成22年と昔のデータですが、保護命令を申し込んだ奥さんは2万3100件あり、保護命令が認められたのは、1万8300件です。

約80%は認められています。

逆に言えば、20%は認められておらず、実際はDVでは無かったのに保護命令まで動かした奥さんがいるという事です。

保護命令は、1000円ぐらいの手数料で出来ますしね。

もう一度言いますが、DV防止法を否定している訳ではありません。

ただ、あまりにもそれを悪用する奥さん側や、奥さんの弁護士がいる事も確かです。

突然奥さんが失踪し、ある日突然裁判所から、保護命令の裁判をするから、二日後に来いと呼び出され途方にくれて相談された人がいました。

裁判所からは、ご主人が暴力をしたと妻側が訴えている内容が書かれていました。
その中で、運転席の夫が、助手席に乗っている奥さんを足で何度も蹴り、その結果奥さんの肩が打撲になったという内容がありました。
その勢いで助手席ドアにも何度も押さえつけられたとの記載もありました。

ご主人に車の写真を送って貰ったら、セダンタイプの車だったんですね。
運転席と助手席の間には、センターコンソール(シフトレバーとかドリンクホルダーがある中央の場所)があり、それがひじ掛けが出来るぐらいしっかりとあり、奥さんの訴えが、運転中なのか停止中なのか分かりませんが、ハンドルを避けながら、運転席からセンターコンソール上まで左足を持ち上げ、さらに打撲になるまで肩を蹴るというのは、股がすごく柔らかいとしても、足を真横まで移動させ、それだけでなく打撲を与えるような勢いのある蹴りを何度もするのは無理じゃないかと思いました。
また、足が長くないと、肩を蹴ったり、助手席ドアまで押さえつけるのも無理じゃないかと思いました。

僕の当時の車は、ご主人程ではなかったですが、センターコンソールがあり、試しにやってみましたが、停止中なら左足をセンターコンソール上まで持ち上げる事はなんとか体制を崩しながら出来ましたが、持ち上げるのが限界で、真横に足を向けるのは無理でしたし、そこから助手席方面に打撲が出来るぐらい蹴るのはどんなに頑張っても不可能でした。
何よりも、左足に力を入れる事が出来ません。
体全体を助手席側に向け、ハンドルと背もたれを掴み体制を整えれば蹴れそうですが、右足でブレーキペダルを踏みながらはかなり厳しいです。
停止中でさらに、シフトレバーをパーキングに入れないと、奥さんが主張している事は実現できません。

それでも、奥さんを助手席ドアに押さえるつける事が出来るぐらい、足を延ばすのも仰け反るぐらい頑張らないと厳しいです。

みなさんも一度やってみて下さい。
でも周りに人がいたら、恥ずかしいと思います。

なので、奥さんが蹴られた状況を出来るだけ詳しく聞き、一つ一つ矛盾を指摘するように伝え、裁判に挑んだところ、こちらの主張が認められたのか、奥さんは取り下げをしてきました。

というか、奥さんは高速走行中の出来事だと言っていたようで、いくら何でも嘘が明るみになったようです。

でも、車内の蹴りの訴えが無ければ、家での暴力などの反論はしても認められなかったでしょう。

DV防止法はどうしても奥さん側になります。

もし、現在夫婦間に問題があり、奥さんがDV冤罪をするタイプだと少しでも思ったら、今からでも証拠を押さえておく事をお勧めします。

本文は奥さん側ですので、夫側でのDV防止法も書いておこうかなと思いました。

長くなりましたが・・・

「夫の浮気に制裁を」

よろしくお願いします。

「ご主人はもう少し頭を使い賢い行動をすると思いましたが・・・。」
「思ったよりも行動パターンが読みやすいです。」
「なので、ご主人の今後の行動を予測してそれを利用しましょう。」
「貴女はまだ弁護士を見つけれていないです。」
「しかし激怒しているご主人は、何が何でも、今日にでも貴女に会おうとするはずです。」
「金を取り返そうとするはずです。」
「弁護士を見つけ、弁護士から接触しないように警告を出すまでは、貴女はご主人と対峙しなくてはいけません。」
「また、弁護士から警告をしても、それを無視して会おうとするかもしれません。」
「なら、今の段階から、ご主人は貴女に会えないようにしておく対策が必要になります。」
「またその対策は、調停や裁判でも使える状況証拠にしておきましょう。」
「さらに、どの方面からも逃げれないようにし、面会も確実に出来ないカードを作っておきましょう。」
「その流れで、念の為に後からでも被害届が出せるような対策もしてみましょう。」
「ご主人は警察と接触すると思うので、その前にこちらが先に警察に接触して既成事実を作り上げましょう。」

「え??でも後で被害届は難しいとトランさんはおっしゃいましたよね?」
「それに、主人が警察と接触ってどういう意味ですか?」

「後で被害届を出しても受理されないのは、暫くして急に出しに行っても警察は裏があるかもと勘ぐる場合です。」
「なので、今から自然に警察と関りを持ち、その流れで後から被害届を出しても勘ぐられないような関係を構築しましょう。」
「被害届まではしなくても、保護命令までは視野に入れていきましょう。」
「多分、ご主人は警察に駆け込むと思いますので。」

「トランさん。言っている意味が分かりません。」
「主人が警察に駆け込むってどういう事ですか?」

「ここからは、推測よりも弱い僕の妄想になります。」

「・・・妄想・・・ですか?」

「はい。ご主人は自分のした事を棚に上げ、良い人間をこれから先ずっと演じ始めると思います。」
「ご主人の立場になって、ご主人の性格も考慮に入れて、これからどう演技するかを妄想しますね。」

「どういう事ですか?」

「ご主人が今後考えるシナリオはこうだと思います。」
「とても良い人間の俺は、普段から家の事がだらしなく、何かとすぐに怒る妻に注意をしていたが、それでも妻の生活態度が改善されないばかりか酷くなっていった。また妻は離婚したいと何度も言うようになった。」
「妻は俺に離婚をいつも迫るので、仕方なくそのうち離婚をすると言うと納得するので、そういう言い方をしていた。」
「しかしそれでも本心は離婚はしたくないと思い、俺は頑張って家族の為に働き、家庭を守ろうとしたが、ある日妻が一方的に出ていけと怒鳴り、なんとか落ち着かせようとしたが、あまりに妻が逆上して自分で自分の携帯電話を壊したりして怒っていたので、翔太の事は心配だったが、仕方なく家を出る事にした。」
「すると妻は翌日に、妻や翔太にしてもいない暴力を俺がしたと、突然言い出し、妻は殴られたような写真まで送って来た。」
「自分で自分の顔を殴ってまで俺を悪者にしようとする妻にゾッとした。また、翔太にまで嘘を付かせようとしている妻に恐怖を覚えた。」
「しかも、念の為に自分の通帳を確認したら、金を全て引き出されていた。」
「妻に金を引き出した理由を聞こうと、メールや電話をしたが全て無視された。」
「何か事件でも巻き込まれたのかと心配になり、慌てて自宅に戻ってみたら家は空っぽだった。」
「この時に初めて妻は以前から計画的に、すべて俺を悪者にして金を持ち出し、離婚をしようと考えていた事が分かった。」
「今まで頑張ってきたがもう限界だ。金を返してもらい離婚したい。妻が悪いので。」
「と、いう感じになると思います。」

「わ、私・・・すごい酷い人間ですね。」

「このように言われても、反論出来る証拠は全て揃っているので問題ないですが・・・」
「こういう考え方で演技をするのであれば、良い人間のご主人は貴女や翔太を心配して警察に捜索願を出す可能性が高いと考えます。」

「そ、捜索願をですか?主人が!?」

「はい。ご主人は貴女に酷い事をされても、それでも心配出来る良い人間なので。」

「どうしましょう・・・」

「なので、ご主人が警察に捜索願を出す前に、貴女は先に捜索願不受理届を警察に提出して下さい。」
「もし、ご主人が捜索願を提出するなら逆にそれを利用して、さらに酷いご主人だと警察に認識してもらいましょう。」

「・・・捜索願不受理届って何ですか?」

「捜索願を出されても、貴女は自分の意思で家を出たから探さないでほしい。との届けです。」
「警察に提出すれば警察は捜索しません。」
「実際はシェルターやアパートなどに逃げたわけではないですし、ご主人も実家にいる事ぐらいは推測出来るはずですが、ご主人は良い人間なので、警察に捜索願を出すをぐらい心配したとアピールする為に提出する可能性があります。」
「もし、ご主人が出さなくてもデメリットは無いですし、その怪我をした顔で、捜索願不受理届を提出しに警察に行ったら、警察はその怪我の理由を聞くでしょう。」
「その時には暴力を振るわれたと正直に話してください。」
「家を出て、実家に逃げ帰ったと話してください。」
「役場に相談した事も話して下さい。」
「もし聞かれなかったら自分から話してください。」
「主人が私と子供を探し出すかもしれないから怖いと伝えて下さい。」
「その流れになれば、警察はDV防止法の説明をして、貴女が望めば被害を受理するはずです。」
「言われなければ、こちらからDV被害について出来る事を訪ねて下さい。」
「DV防止法もいくつか流れがありますが、まずは貴女の携帯電話を警察は登録して、貴女が110番通報するだけで、貴女の情報が警察官に入り無条件で出動するようになります。」
「また、警察から状況を確認する為に定期的に電話が入ります。」
「それと、受理されれば被害届まではしなくても、保護命令をご主人に出す事も出来ます。」
「貴女の怪我なら、被害届、保護命令などはすぐに認められるはずです。」
「ただ、その段階ではまだそこまではしないで下さい。」
「もしかしたら警察は被害届や保護命令を提出するように言い出すかもしれませんが、そこまではよく考えたいと言い保留にして下さい。」
「保護命令は、接見禁止や電話やメールの禁止を命令する事が出来ます。」
「ご主人が掴まるという事は無いので、仕事は続けられます。」
「期間は6ヶ月ですが、延長もしやすいですし調停や裁判だけでなく、保護命令からも面会を阻止できます。」
「それに、こちらが先に捜索願不受理届とDVの手続きが出来れば、その後にご主人が捜索願を出しても、受理しないだけでなく警察を欺き、警察を利用して居場所を探しだそうとしている悪い夫とのレッテルが張られます。」
「そうなれば、さらに警察はこちら側に付くので、被害届や保護命令もさらにやりやすくなります。」
「また、ご主人が実家に来た場合、警察に通報すれば無条件ですぐに対応してくれますし、捜索願不受理届を提出されている事をご主人は知っているのに、それでも実家に行ったのなら、さらに悪い夫に仕立て上げれます。」

「・・・すごい内容ですね。」

「まぁ、言い方は悪いですが女性の特権ですね。」
「DV冤罪もまだまだ多く、男性には厳しい法律ですが。」

僕もDV冤罪にされた一人だ。

いまだに虚偽の内容で夫を加害者に陥れる事が出来る恐怖の法律で、今でも疑問があり納得は出来ていないが、真紀さんのように完全な被害者なら心強い制度だ。

雄太の行動予測としては、電話やメールを無視し続ける格下の真紀さんに苛立ち、さらに金を持ち出した事を問いただす為に、金を奪い返す為に今日にでも自宅に行くだろう。

しかし雄太は、荷物まで運び出し、家を出ているとは想像もしていないはずだ。
自宅が空っぽな状態を確認したら、激怒しさらに真紀さんに連絡を取り続けるだろう。

実家にいる事は安易に想像出来るが、真紀さんや翔太は、当然、雄太に殴られた事を両親に話していると推測するだろう。
真紀さんの両親は自分の娘や、孫の翔太の言う事を当然信じると考えるだろう。
いくら口の上手い雄太でも、実家に行ったら、かなり分が悪い為、実家に行くのは躊躇するはずだ。

なら、何とか真紀さんと連絡を取ろうと、電話やメールをさらに頻繁にするしかないが、それでも一向に無視をされている状況が続くのであらば、真紀さんから連絡させる方法として考え付くのは、「連絡が無ければ捜索願を出す事になる。そうなれば大事になる。だから連絡しろ。」と脅す事だろう。

自分を有利にする為に、真紀さんに直接言わずにいきなり捜索願を出す行動をするかもしれない。
雄太は中途半端に頭の回る奴だ。
自分は心配していると世間や警察にアピールする為に、自分は良い人間だと既成事実を作る為に、また真紀さんを困らす為に、嫌がらせをする為に、捜索願を出す事が思い浮かぶはずだ。

しかし、真紀さんが捜索願不受理届とDVを先に提出出来れば、捜索願を出そうとしても、すぐに照合がかかり真紀さんが捜索願不受理届を提出している事が分かる。
捜索願不受理届との言葉でなくても、警察から真紀さん本人の意思で家を出ているので捜索願は受理出来ないと言われるはずだ。
DVの受理までは雄太本人には言わないが、警察はDV加害者が捜索願を提出しに来た事は記録に残す。

いくら金を取られたと言っても、警察は雄太を相手にする事はない。
捜索願は受理出来ないと伝えるだけだ。

雄太は、そこまで真紀さんが先回りをしている事に、また警察で恥をかかされた事にさらに激怒するだろう。
真紀さんを問い詰める為に残された道は、金を取り返す為に残された行動は、雄太が直接実家に行くしか選択肢がなくなるはずだ。

真紀さんと翔太は行方不明だから、実家の両親に聞きにいっただけで、二人が実家にいるとは思いもしなかったと後で言い訳をすれば、実家に行っても問題ないと判断するだろう。
両親と会いたくないとの考えよりも、真紀さんが持ち逃げした金を何としても取り返したい、何よりも、ここまで自分をコケにした真紀さん本人に怒りをぶちまけないと気が済まないと、感情の方が強くなるはずだ。

真紀さんの両親に何を言われても、口の上手い自分ならなんとか乗り切れるはずだと考え直すだろう。
なら、雄太が実家に来たら警察に通報して実績を作ればいい。

警察が来ても、雄太は捕まる事もなく何も罪にはならないが、警察官は雄太に、直接来るのは止めるように強く言うはずだ。
そうなれば、今後は実家に来る事を阻止できる。

また、DV加害者が被害者が逃げた実家にまで押しかけたとの記録も警察に残る。
そこまで上手くいけば、警察は完全にこちらの味方になるはずだ。

元々は、捜索願不受理届を提出に行っただけの真紀さんだが、真紀さんの顔の怪我に気づいた警察との会話の中で、真紀さんはDV被害を提出出来る立場だという事を知り、警察の勧めで提出する。

しかし、被害届や保護命令までは急な事なので考えたいと真紀さんが言う事で、積極的に被害届や保護命令を提出したいとの考えではなく、計画的ではない事をさりげなくアピールをしておく。

その後、真紀さんの心配が的中し、加害者の雄太が、何食わぬ顔で捜索願を提出しに警察に行く。
だが、警察は当然受理出来ないと言い、門前払いをする。

その後、実家に雄太が来たら、真紀さんは恐怖を抱き警察に通報し、警察は雄太を追い返す。
実家にまで来た事で、また来るかもしれないとの恐怖におののき、翔太に危険が及ぶかもしれないとも考えた真紀さんはようやく決心し、被害届や保護命令の提出をする事にすれば、警察も素直に心配し、同情し、手続きをスムーズにするはずだ。

警察まで巻き込んだこの流れが出来れば、真紀さんに裏があるとは考えず、例え裁判で有利にする為だと勘ぐったとしても、日数が経過しても、雄太の悪人ぶりはアピール出来たので、警察はいつでも受理してくれるだろう。

万が一、多少警察がごねたとしても、その頃には弁護士もいる。
この流れなら、弁護士経由で動けば、正当に被害届は出せる。。

被害届を出すのか、保護命令をするかどうかは、今後の流れ次第だが大きなカードを手に入れる事が出来るだけでなく、雄太の行動を阻止できる事にもなる。

「真紀さん。ただ、気を付けないといけないのは、貴女からご主人をDV登録するので、ご主人と会う、直接話し合う、メールをするのは絶対にダメになります。」
「ここまでの処置をしたのに、貴女がご主人と会う、話す、メールをした事を警察や役場が把握したら、貴女は大袈裟に伝えたと思われるかもしれません。」
「また、ここまで先に根回した貴女は、さらにご主人に恨まれると思いますし、調停や裁判でDV冤罪でも、かなり反撃してくると思います。」
「反撃されても、必ず勝てますが。」

「・・・分かりました。」
「もし、今後外で主人と偶然会って話をしたいと言われたらどうしたらいいですか?」

「ご主人と接触したら、偶然だろうが何だろうが、走って逃げて周りに助けを求め、110番通報です。」
「本当に偶然でも、故意に貴女に接触した悪いご主人の出来上がりです。」

「・・・・すごい世界ですね。」

「虚偽の内容で夫をDV加害者に仕立て上げるのは、禁断のやり方ですし、僕も良心がありますので通常はしないですが、ご主人は実際にDV加害者ですので問題ないです。」
「対象者によってやり方を変えていますが、ご主人はとことん潰すやり方をしてます。」
「もし、ご主人に情がありそこまではしてほしくないと思ったらいつでも言って下さい。」
「貴女の言う通りに変更します。」

「・・・・・・・・・・。」
「いえ・・・それでお願いします。」
「翔太を殴ったのがどうしても許せないです。」

「・・・了解しました。」

「まずは、今からでも警察に行って下さい。」
「ご主人は早ければ夕方にでも、仕事が終わり次第、自宅に行くと思います。」
「その後、警察署に行くかもしれません。」
「それと、明日からは弁護士探しを急いでください。」
「弁護士からも、直接連絡しないように警告をしてもらいましょう。」

「分かりました。」
「実家に来るかもと思うと怖いですが・・・」
「両親にも伝えておきます。」
「トランさん。本当に心強いです。」
「ありがとうございます。」

「そういえば、翔太君はGPSを持たせましたか?」

「はい。キッス携帯を契約してランドセルに入れてます。」

「充電が無くならないように気を付けて下さいね。」

「え??主人は学校まで行くかもしれないという事ですか?」

「いえ、ちょっと気になっただけです。」
「念の為ですよ。」

雄太は頭が良い方だと思うが・・・

雄太が全てを失い発狂した時にどのような行動をするかは、まだ読めない。
自分の為に子供にまで暴力を振るった雄太だ。
何が起こるか分からない。
気を付けるに越したことはない。

「ご主人から行動があったり、警察の件が終わったらまた連絡して下さい。」

「分かりました。」

電話を切った。

「・・・・・・・。」

対象者にはこちらが用意した逃げ道に誘導し、ある程度自分の意見が通ったと錯覚させ決着させる事もある。

しかし、雄太に対してはどうしても許す事ができない。

真紀さんと翔太が親子で泣き叫んでいた姿や、真紀さんの怪我の顔が目に浮かび、必要以上に感情が入ってしまっている事も自覚している。

感情を入れずに冷静に対処しないといけない事も自覚している。

追い込みすぎると、思わぬ反撃をされる事があるのも経験している。

しかし雄太程度の反撃なら対処出来る自信もある。

多少、感情が入っても判断が狂う事もないだろう。

「・・・・・・・。」
「どうせ、とことん腐っている奴なんだ。」
「いい機会だ。一般の人間を徹底的に追い詰めたらどうなるか確認してみよう。」

しかし結果として・・・

この調査に関わった事で、僕は探偵としてのやり方を改める事になった。

この僕のおごった考え方のせいで・・・

悲しい結末を迎える事になるとは・・・

この時はまだ・・・

知る由もなかった。

(クリックしてほしいです。)

人気ブログランキング

トラン探偵事務所ブログ