ネットニュースでこんな記事がありました。

配達先の妻と不倫 夫に蹴られる。

福岡県警粕屋署は2日、妻の不倫相手を蹴ってけがをさせるなどしたとして福岡県粕屋町、会社員吉田容疑者(38)を傷害や器物損壊などの疑いで逮捕し、発表した。署によると、吉田容疑者は7月26日午後8時ごろ、30歳代前半の妻の不倫相手で生協職員の男性(30)=粕屋町=をゴルフ練習場の駐車場に呼び出し、「100万円払うか、ここでお前の携帯電話を壊すか選べ」とすごみ、金づちで男性の携帯電話をたた

➡続き 配達先の妻と不倫 夫に蹴られる


浮気の場合、依頼者さんが、直接浮気相手と対決する事はありますが、その時に必ず伝える最低限の事は、

1、暴力は振るわない。2、過度の暴言は言わない。3、慰謝料単体での話をする。4、必ず録音をする。

です。

よく、した側に慰謝料を請求すると、「それは脅迫だ!!」と言う人も多いですが、脅迫ではないです。
ちゃんと民法に則った正当な請求です。

ただ、した側が悪で、こちらは正義だと思い込みすぎて、した側に何をしてもいいんだ。との考えになって、刑法を違反してしまう人もいます。

3、の慰謝料単体での話をするというのは、例えば「慰謝料を払わなかったら、近所に写真をばら撒く!!」はアウトになります。
また、「会社にばらす!!」や「友人知人にこの事を言うからな!!」もやめたほうがいいです。

名誉棄損が出てきてしまいます。

共通の友人や知人や近所や会社の同僚に、「浮気をされた、相手はあいつだ。どうしよう。」と「相談」するのはいいのですが。

その後、噂が勝手に広がってもこちらのせいではないですし。

淡々と、法律に則って(又は訴える事が出来ないギリギリの方法で)相手を追い詰めていくやり方があるのに、今回の不倫をされた男性のように、相手の物を金づちまで用意して壊したり、慰謝料を支払わなかった場合の違法な条件を出したり、蹴るのはすべてアウトになってしまいます。

不倫をした男が警察に駆け込むのも情けないような気がしますが、恫喝されて金づちまで使われたから、怖かったんでしょうね。

怒りは分かりますが、刑事事件までしてしまったら、警察が動くこともあるので気を付けましょう。

浮気をした生協職員もこれから、社会的制裁は待ち構えていると思いますが。

記事もあえて、生協職員まで記載し、年齢や地域まで書いているので、知り合いには丸分かりでしょうね。

こんな事しなくても、離婚するなら100万以上の慰謝料は取れたはずなんですけどね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ある田舎町で調査をする事になりました。

棚卸しをしたら高額商品の数がかなり減っているとの事でした。

状況的に、従業員が商品を持ち出している可能性が高いとの事でした。

従業員の目星も付いていました。

現時点では、カメラの設置はないのですが、5日後には警備会社と契約したので、カメラを設置すると従業員には伝えているので、動くならその間に動くはずなので、確認をしてほしいとの依頼でした。

民家から離れた場所の建物で、そこに行くまでの道幅も狭く、周りは山で、その近辺に車両を止めると怪しまれますし、車から降りても建物近くに隠れる場所はない・・・

どうしたものかと考えていましたが・・・


「どう考えても結論は一つだな・・・」

「建物横や裏はすぐ山だ・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「裏山に・・・篭るしかないな・・・」

「・・・辛いけど。」


季節は冬・・・

幸い雪はありませんでした。


僕はスーパーで5日分の食料や飲料水を買い込み、車内から、バードウォッチング用の迷彩テントや、防寒具や、カメラ道具や、沢山のバッテリー取り出し・・・BlogPaint

深夜に建物近くまで車で行き、それらの道具や荷物を林の中に隠し・・・一番近い駅の駐車場に車を止め・・・

現場に向かいました。

一番近いと言っても、徒歩で80分ぐらいかかります。

車や人目を避けながら現場近くに到着し、林に隠していた道具や荷物を背負い、建物入り口付近に入る道路の溝に赤外線探知機を仕込み、山に向かいました。

一応、獣道のような道があったので歩き・・・

少しでも平坦な場所で上手く隠れれる所を探し・・・

10分ほどで撮影できる場所を確保しました。


建物との距離は直線で200メートルぐらいです。

昼間は、木を重ねて隠れながら、うつ伏せになり建物を監視し、夜はテントを張り、テント内から監視します。

これだけで、かなりヘトヘトになりました。


時計を見ると、朝の6時前・・・

もうそろそろ、辺りが明るくなります。


調査期間は4日間。

調査開始です。


調査は順調でした。

出入口は一箇所しかないので、出入りした人物の車両の撮影や、人物撮影を淡々とこなし・・・

夜間、電灯が消え、最後の車両が移動すれば、一応完了です。


しかし、来るなら夜間のはずです。

夜間にもし誰かの出入りがあれば、赤外線探知機が反応し、手元にある受信機に通知するようになっています。

距離的に電波が届くか心配でしたが、昼間の出入りで反応したので、一安心でした。

仮眠と言っても、テントは小さく、体をくの字にしないと横にはなれません。

それでも仮眠をする事は出来ました。


淡々と撮影をこなして三日目・・・

深夜・・・1時45分ごろ・・・

中々眠れず星空を見ながら、カロリーメイトをかじっていると・・・

2台の車のライトが建物に近づくのに気づきました。

赤外線探知機が反応します。

車が建物に停車します。


僕は依頼者さんに連絡をしました。

依頼者さんは寝ていたようですが、すぐに電話に出てくれました。


僕「今、2台の車が停車しましたが、何か聞いていますか?」

依頼者「いや、何も聞いていない。」

依頼者「何処の誰か、確認してくれ!!」


僕「分かりました・・・」

僕「やってみます。」


深夜で外灯も消された建物の駐車場の確認は、いくら望遠を使っても人物の顔も、ナンバーも確認出来ません。


僕「行くか・・・」


僕はカメラを二台腰に取り付け・・・

山道を駆け下りました。

獣道を通ると建物から目を離す事になりますし、時間がかかるので、当然まっすぐ直線に下っていきます。

何度もすべりながら、なるべく音をたてずに、それでも転ばずに建物近くに到着しました。

木の枝で顔や手を何箇所も切りましたが、気にしている余裕はありません。


車を見ると、2台ともバンでした。

僕はナンバーを撮影し、人影が3人いる事を確認しました。

一台の車は、エンジンをかけながら、壁と建物の隙間を照らしていました。

壁と建物の隙間に、懐中電灯を照らしながら、三人は何かしています。

後で分かりましたが、隙間の建物内は、普段は商品のダンボールが積まれていますが、その場所に窓があり、その窓から侵入する為に鍵を開けていたようです。

僕は依頼者さんに連絡しました。

状況を説明します。


依頼者「今から人を集めて向うから、足止めしてくれ!!」

僕「あ、足止めですか!?」

依頼者「頼む!!」

僕「・・・・やってみます。」


僕はバンに近づきます。

念の為、恐る恐る、ライトを照らしている車内を覗き込みましたが、車内には誰もいませんでした。

もう一台も誰も乗車していません。

鍵は付いたままでした。


対象者は三人です。

三人を見ると、何かを抱えてバンに近づいてきます。

ダンボールの箱でした。

それを次から次へと車に詰め込んでいます。


僕「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」


車に積み込む時に三人の顔を確認出来ました。

撮影もします。

ちょうど車のライトが三人を照らしているので、ダンボールを持って車に向かう姿は綺麗に撮影出来ました。

三人のうち一人は、やはり疑っていた従業員でした。

事前に確認していた従業員の写真の人物と一致しました。

僕は犯人の一人はやはり、従業員の〇〇だと、依頼者さんにメールします。


僕「・・・・会社の商品を横流しか。」

僕「これはアウトだな・・・」

僕「撮影は出来たから証明は出来るけど・・・」

僕「依頼者さんは、足止めって言っていたし・・・」


僕「さて・・・どうしよう。」


山道を見ても、応援の車が来る気配はありません。


僕「・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」


男1「これで最後だと思うと残念だなぁ〜」

男2「結構儲けさせてもらったし、潮時じゃないですか?」

従業員「今回の取り分は、俺は5だぞ!」

従業員「最後だからってこれだけの商品を持ち出したら、さすがに疑われるからな!!」

男1「分かってるって。」

男1「後、20箱ぐらいか・・・600万は硬いんじゃないか?」

男2「しばらくお小遣いを稼げなくなるから、貯金しないと。」

男1・男2・従業員「ハハハハハハハ〜〜〜」


僕「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」


すき放題だな・・・


僕「さてと・・・」


男三人が商品を取りに隙間に消えていくのを確認すると、僕はライトを照らしていた車に乗り込み、車を動かし、壁と建物の隙間を塞ぎました。

隙間の奥も壁になっています。

もう一台もエンジンを掛け、出入口横にぴったりと停車させます。

僕は隙間を塞いだ車に移動します。

少しすると・・・


男1「おい!!車で隙間がふさがれているぞ!!」

従業員「やばい!!見つかったか!!」

男2「どうする!!」


声が聞こえると、僕は車のライトをパッシングして、クラクションを鳴らしました。

僕の顔はライトを照らしているので、三人からは顔を確認する事は出来ません。

どうせ、車を動かした事で外に誰かいる事は分かるので、あえてアピールして、恐怖を感じさせ、駐車場側の別の窓から外に出るのを躊躇させるようにしました。

それでも、一か八かで男達はほどなくして出てくるでしょう。

依頼者さんの到着が間に合わなければ、さすがに必死になっている三人相手に勝てるわけがないので、その時は、従業員だけを捕まえるつもりでした。 (車で轢いてでも・・・)

それから5分ぐらいたった時・・・

田舎町のさらに奥地の細い山道に・・・

ぞくぞくとライトを照らした車が建物に向かってきました。

それもかなりのスピードです。

その光景があまりにも異様だったので、思わず見とれてしまいました。


依頼者「〇〇は何処だ!!」

僕「まだ建物内に三人いるはずです。」

依頼者「分かった!!」

依頼者「おまえら、絶対に捕まえろ!!」


軍団「お〜〜!!」


出入口の車を移動させ、総勢20人近くが、依頼者さんが開けた出入口からなだれ込みます。


「おい!!いたぞ〜〜!!」

「逃げるな!!ゴラァ!!」

「※△してまうぞ〜〜!!」

「すみません!!勘弁して下さい!!」


というような会話が、駐車場からでも聞こえ・・・

ほどなくして、ぞろぞろと軍団が出てきました。

三人の男達も腕を持たれ、観念した様子で出てきました。

三人を正座させ、軍団が罵声を浴びせています。


僕「・・・・・・・・・・・・・・・・。」

僕「これで決着したと思うので、終わっていいですか・・・」

これ以上いると、変な事に巻き込まれそうなので、依頼者さんに伝えます。


依頼者「いや〜本当によくやってくれた!!」

依頼者「トラン君のおかげで事件解決だ!!」


大声で僕に話しかけます。


僕「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」


僕は、幸い今回の調査で、男三人に顔を見られていなかったので、車の陰からそっと覗いていて、僕の顔は見せないようにしていました。

逆恨みされたくなかったので・・・


でも・・・

僕の名前を大声で言うだけでなく・・・

車の陰に潜んでいた僕を押し出し・・・


依頼者「こちらのトラン君がいなかったら、お前達の給料が払えなかったところだ!!」

依頼者「みんな!!礼を言え!!」


軍団「トランさん!!ありがとうございます!!」


教育のたまものか、みなさん綺麗に言葉を揃え、頭を下げています。


僕「いえ・・・仕事ですから・・・」


男三人は僕を睨んでいました。


僕「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」


これで・・・名前と顔を覚えただろうな。

また、恨まれる事になってしまった。

これで、何十人目だろう・・・・


僕「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」


依頼者「よし、行くぞ!!」

軍団「はい!!」


ぞろぞろと、車に乗車した軍団と、依頼者さんは、男三人を車に乗せ、依頼者さんと軍団のみなさんは、僕に笑顔で手を振りながら、クラクションを鳴らしながら、慌ただしく行ってしまいました。

暫く、その光景を唖然と見ていましたが・・・


僕「あ!!」

僕「駅まで送ってほしかった!!」

僕「しまった〜〜!!」


と思った時には時すでに遅く・・・

仕方なく山に登り、後片付けをして、山を下り、荷物を林に隠し、トボトボと80分かけて駅まで歩いて行きました。


え?山に籠っている時にトイレはどうしたかって??

それは秘密です。


ただ、数か月後に別件で依頼者さんに呼ばれた時は、春が少しすぎた季節でした。


依頼者「あそこの山に一本だけヤマボウシがあるけど、今年は今まで以上に花が沢山咲いて綺麗なんだ。」

僕「・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

依頼者「そういえば、トラン君はあのあたりに潜んでいたんだよな?」

僕「そうですね・・・・ちょうどその木の下です。」

依頼者「そうか。ヤマボウシも喜んでいるんだろうな。」

僕「・・・・そうですね。」

僕「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

僕「そういえば、あの三人はどうなったのですか?」

依頼者「三人??」

依頼者「またまた〜トラン君。ハハハハハハハハ〜〜」

僕「ハハ・・・・」


という事がありました。


人気ブログランキング

HP

トラン探偵事務所