僕は今までも書いているかもしれませんが、幽霊とかは基本信じません。

目で見た事しか信じません。

体験した事しか信じません。

それがすべてだと思っています。


探偵として、事実を確認する事がすべてだと、信念を持っています。

調べた事、撮影した事、確認した事がすべてだと信じています。


でも・・・

もっとも信頼している、ビデオカメラに・・・

「アレ」が映っていたとしたら・・・

僕は何を信じればいいのでしょうか・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ある調査で・・・

対象者と浮気相手の密会場所を掴み・・・

二人が密会をしている証拠を撮影する調査でした。

調査は滞りなく終わり、密会の証拠も撮影でき・・・

ホテルに戻り、そのデータをノートパソコンに保存をし、映像の確認をしていました。


しかし・・・

ある、撮影場面だけ・・・

映像を確認しようとすると・・・

24分43秒の場所でフリーズするんですよね。


それも、ビデオソフトのフリーズではなく・・・

パソコン自体がフリーズしてしまうんです。


「う〜〜ん。」

「困ったな・・・。」



とは思ったのですが、その時はノートパソコンの調子が悪いか、データーが膨大だったので、このノートパソコンだと処理が出来ないぐらいだろうしか、思っていませんでした。


しかし・・

事務所に戻り、自称、地域最強のデスクトップパソコンに、データーを移したのですが・・・

それでも、24分43秒でフリーズしてしまうんですよね。

それも、ノートパソコンと同じように、パソコン自体がフリーズしてしまうんです。


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

「なぜだ??」



今まで、何百回、何千回と撮影をしていますが・・・

こんな事は初めてでした。


試しに、もう一台あるデスクトップパソコンで確認しても、フリーズします。

別のノートパソコンで確認してもフリーズします。

現役を退いた、ノートパソコンで確認してもフリーズします。


「なんで??」

「なぜ・・・」

「24分43秒でフリーズするのだろう??」


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」



僕は、フリーズする前で映像を止め・・・

スローで確認をしていきます。


しかし・・・

それでも、24分43秒になると、フリーズします。


何度もパソコンを再起動して、確認をしていきました。


次は、1コマずつ確認をする作業をしました。


すると・・・
 
フリーズする前の1コマを確認する事が出来ました。


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」


「え!?」

「だれだ・・・」

「こいつ!!」



その画面には・・・


赤いスカートの・・・

女性の後姿が写っていました。


しかし、その前の画像には何も写っていません。

もちろん、現場でも、その女性が通り過ぎた記憶もありません。


それ以前に・・・

ビデオカメラの撮影なので・・・

1秒間に30コマは撮影しています。


その1コマ前には・・・

女性は映っていません。


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」


「なんだ・・・」

「こいつ・・・」



後姿の赤いスカートの女性の画像を見て・・・

暫くの間、考え込んでしまいました。


そして・・・

僕は気づいてしまいました。


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!」


「あ、ありえない!!」


「これって・・・」

「ありえない!!」


「この女性が・・・」

「ここにいるはずがない!!」


「だって・・・」

「ここに女性がいるのならば・・・」


「この女性は・・・」

「空中に浮いている事になる!!」


僕は、離れた場所で望遠で撮影をしてました。

それも、1階ではなく、上の階を撮影していました。


女性の姿は、望遠を考慮に入れて、画像に写っているサイズを考えると・・・

50メートルぐらい先にいる計算になります。


でも・・・

カメラは上の階を撮影しているので、上向きになっています。


密会の建物までは100メートルは離れています。


50メートル先は・・・

どう計算しても空中です。


空中7メートルぐらいの計算になります。


そこに・・・

赤いスカートの女性の後姿が映っています。


赤いスカートの女性は・・・

7メートル上空で浮いている事になります。


ゾッ・・・・



背筋が寒くなりました。


慌てて、次のコマを確認しようとしますが・・・


また・・・

パソコン自体がフリーズしてしまいました。


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」


「これって・・・」

「やばくないか??」


ゾッ・・・・



また・・・背筋が寒くなりました。


幸い、他にも何回も密会現場は撮影できたので、この映像がなくても証明は出来たので、それ以上は確認をしないようにしました。


でも・・・

もし・・・


フリーズしている映像が確認出来たなら・・・

もしかして、赤いスカートの女性はこちらを振り向いていたのかもしれません。


なぜならば・・・

僕は・・・

この後姿の女性を、どこかで見た気がしてなりませんでした。


そして・・・

思い出したのです。


赤いスカートが好きだった女性の事を・・・

K子の事を・・・


もしかして・・・

この女性は、K子の生霊だったのかもしれません。


でも・・・

それは分かりません。

後姿なのだから・・・


しかし・・・

この女性がK子なのか、それとも幽霊なのか、本当の人間なのかは分かりませんが・・・

空中に浮いている姿が、確実に画像に写りこんでいたのは事実です。


僕は、この映像を取り込んだノートパソコン三台、デスクトップ二台から、映像を消去し・・・

その代わり、SDカードに映像を取り込み・・・

机の引き出し奥深くにしまい込みました。


二度と見る事はないと思います・・・


でも・・・

たまに・・・

引き寄せられるように・・・

気がつくと、そのSDカードを手に持っている事があります。



人気ブログランキング


人気ブログランキングへ




bg_head


『トラン探偵事務所』