え〜〜

「1回だけの浮気」の投稿で質問が何件かありました。


「別居をした後、不貞行為が分かったのですがこの場合はどうなるのですか?」

「離婚をした後で、浮気をしていたのが分かったので慰藉料を請求したい。」



など・・・

まず、別居をした後の不貞行為ですが・・・

基本的な考えは、請求する事は出来ません。

基本的な考えとは、別居をしたという事は、婚姻関係が破綻している証明になり、もう修復は不可能で離婚に向けての別居であり、別居後に不貞行為を見つけても、その不貞行為が原因で離婚に至るのではないとの考えからです。


前回でも記載した離婚の法律ですが・・・

民法 第770条
夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

第1号「配偶者に不貞な行為があったとき。」

です。


不貞行為があれば離婚要求が出来るとの内容ですが、重要なのは何が原因で離婚になるかです。

別居をしているという事は、別の原因で婚姻関係が破綻し離婚をする準備をしているのに、別居後に不貞行為が発覚したら、急に・・・


「婚姻関係が破綻した原因は、その不貞行為が原因だ!!」


と主張しても、別居をしているという現状を見れば・・・、


「別の理由で離婚をしたいから、現在別居しているんでしょ??」

「いまさら急に、離婚原因が別居をした後の不貞行為と変えられてもねぇ〜」



ってなります。

重要なのは、何が原因で破綻になったかです。

なので、別居すぐなら別ですが、数ヶ月たって配偶者の不貞行為が発覚したから、民法770条第1号だけを持ち出して・・・


「不貞行為をしたから慰藉料を請求します!!」


は無理があります。


ただ・・・

別居をしていたといっても、頻繁に夫婦が会っていたりとか、洗濯をしていたとか、家に通っていたとか、性行為があったとかの場合は、「婚姻関係が破綻していない。」と判断される場合があります。

また、別居後も頻繁にメールをしており、そのメール内容が、婚姻関係が破綻している夫婦とは思えない、ラブラブなメールだったりした場合「婚姻関係は破綻していない。」との判断される場合もあります。

また、片方が一方的に・・・


「今日から別居だ!!」


とか・・・

家に帰ったら、家財道具がなく、別居をされていた場合も、「婚姻関係は破綻していない。」と認められる場合がありますが、この場合はその別居を認めずに、円満調停をしたり修復を頻繁に試みたりする必要があります。

例えば、1年間その別居に対して何も言わなかった、何も行動をしなかった場合は「認めた。」との認識になる場合もあります。


後、難しいのが・・・


証拠はないけど、浮気をしているのが分かったから別居をした。

または浮気を疑って、問い詰めたら浮気を認めた。

それが原因で別居になった。

そして、別居をした後に調べたら、やはり不貞行為をしていた。

だから、不貞行為が原因で離婚をしたいし、慰藉料も請求したい。


との内容です。


別居後の協議や調停で、した側が素直に認めれば問題ないのですが・・・

問い詰めて浮気を認めたとしても、後になって・・・


「そんな話はしていない。」


と主張されたら、「話した。」との主張立証をしなければいけません。

また、よくある事ですが、浮気をしているメールを確認して、別居をしたのですが、そのメールを写真で撮るなどをしていなくて、メールをすべて消去され、証拠が必要だと知り、慌てて別居後の不貞行為の証拠を掴んでも、相手が・・・


「別居後の不貞行為だから問題ないし〜♪別居前は一切、会っていないし〜♪」


と主張されれば、負けてしまう可能性が高いです。


なので、これは相談者さんによく伝えるのですが・・・


「別居をしたくても、今は我慢して証拠を掴みましょう。」


と提案します。

しかし、相談段階で別居後の場合も多く、難しい戦いになる事もあります。

なので、浮気を疑い、離婚を視野にいれるなら、別居をする前に証拠を掴むのと、別居後に証拠を掴むのでは、雲泥の差があるので気をつけて下さい。

裁判では、挙証責任(自分の主張について、その証拠を示す責任。)が、どうしても必要なので証拠はとてつもなく重要です。


次に・・・

「離婚をした後で、浮気をしていたのが分かったので慰藉料を請求したい。」

ですが・・・

限りなく厳しいです。

離婚前に不貞行為をしていたとの確実な証拠を後で固めるのも厳しいですが・・・

もし証拠があったとしても、当時離婚を決めたのは、別の理由で決め、後で分かったという事は、当事は不貞行為をしていたとは疑っておらず、浮気をされていたとの苦痛もなく、浮気が原因で離婚になっていたとの証明も出来ないので「不貞行為」として慰藉料を請求するのは限りなく厳しいです。

この内容は、離婚原因が不貞行為だったとの主張はかなり厳しいので、出来るのは、「浮気をされていたことがわかったという苦痛」による慰藉料請求になりますが、もし慰藉料が取れたとしてもかなり額が低くなると思います。

あ、僕は法律家ではなく、しがない探偵なので、もし僕の考え方が間違っていても責任は取れないので、お願い致します。



え〜〜

がらっと話が変わって・・・


ある現場で・・・

張り込みにくい所で、車両で対象者を監視していました。

でも、路上駐車を毎日すると、近所の人達に怪しまれる場所でした。


僕「どうしよう・・・」


と考えていると・・・

ふと、近くに「月極駐車場「空きあり」」との看板が・・・


僕「・・・ダメもとで聞いてみるか。」


と看板に書いてある電話番号に電話しました。


プルプルプル〜


男性「はい。」


僕「すみません。〇〇の月極駐車場の事でお聞きしたいのですが。」


男性「はいはい。」


僕「まだ、空いていますか??」


男性「大丈夫ですよ。」

男性「いつ頃から借りたいですか??」


僕「え〜〜・・・」

僕「今からです。」


男性「・・・へ??」


僕「今から・・・お借りしたいのですが・・・」


男性「今はどちらにいるのですか??」



僕「駐車場の横の道路にいます。」


男性「あ、家は隣なので今からいきますね。」


僕「お願いします。」



すると、すぐに隣の家の玄関が開き・・・

おじさんが出てきました。


僕「すみません。急で・・・」


男性「いえいえ・・・」

男性「どちらのアパートの人ですか??」


近くはアパートが建ち並んでいて、何処かのアパートの住人だと思ったみたいでした。


僕「いえ、アパートの住人ではなくて、知り合いの家に、二週間ほど遊びに来たのですが、駐車場がなくて・・・」


男性「遊び??二週間??」


おじさんは、僕をジッとみます。

そりゃ〜怪しむよね・・・

普通は・・・


僕「お金は前金でお支払いしますし、二週間分ではなく1か月分や礼金もあればお支払いしますので・・・」


男性「・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」



じ〜〜〜〜〜っと、おじさんは僕を見ます。

そして、助手席に置いていた、カメラを見られてしまいました。


僕「しまった・・・」


男性「あなた・・・ひょっとして・・・」


やばい・・・・

探偵ってばれた??


男性「貴方は・・・」

男性「刑事ですね!!」


僕「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」


僕「へ??」


僕「いえ、それは・・・」


男性「そうか、そうですよね!!」


僕「・・・・・・・・・・・・・・・。」

僕「はい??」


男性「張り込みをするのに、刑事だとは身分をあかせないですよね。」


僕「あ、あの・・・・」


男性「大丈夫です!!」

男性「誰にも言いませんので。」


僕「・・・あの〜〜〜・・・」


男性「あそこのアパートの〇〇号の〇〇って男を調べているんですよね??」


僕「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」


誰??

まったく知らない人なんだけど・・・


男性「分かっていますって!!」

男性「当然言えないですよね。」

男性「大丈夫です!!大丈夫です!!」


僕「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」



何が・・・大丈夫なんだろうか・・・


男性「あの男は、今までも何度も捕まっているみたいですし、今度も何かやらかしたのでしょ??」


僕「え〜〜〜と・・・」


男性「そうですよね!!」

男性「当然言えないですよね!!」

男性「秘密ですよね!!」

男性「分かっています!!分かっています!!」


僕「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」



僕「あの・・・ちょっと勘違いしていると思うのですが・・・」


男性「あ!!」

男性「失礼しました!!」


僕「はい??」


男性「こういう事は、聞いてはいけないんですよね!!」


僕「そ、そういう事じゃなくて・・・」


男性「分かりました!!」


僕「あの〜〜〜」



男性「貴方が何者なかは一切お聞きしません。」


僕「・・・・・・・・・・・・・・・・。」


男性「貴方が何処の誰かは分かりませんが・・・」

男性「駐車場なら、二週間とは言わずに、何ヶ月でも無料でお貸ししますよ!!」

男性「どうせ、ガラガラですしね。」


男性「ハハハッハハハハ〜〜♪」


僕「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」


僕「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」


僕「え〜〜っと。」

僕「もう一度、ご確認しますが・・・」

僕「僕が誰で、何者かは一切聞かず・・・」

僕「駐車場を二週間以上無料で貸して頂けるって事ですか??」


男性「そうです!!」


男性「当然の事です!!」



僕「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

僕「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

僕「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」





ラッキ〜〜♪








という事で・・・・

二週間の調査は、駐車場を借りた事で滞りなく終わりました。


チャンチャン♪


あ・・・

調査が終わってから、おじさんに5000円の菓子折りをお渡ししたので、OKって事でお願いします。




人気ブログランキング


人気ブログランキングへ




bg_head


『トラン探偵事務所』