え〜こんばんは。。。

携帯では途中で見れなくなってしまうとの、コメントが多くなりました。

僕の携帯で見れる事は一応確認しているんですが・・・。なんでだろう??

ちょっと、調べてみますね。。。

すみません。。。

文章というか、改行も長すぎるのかな??

ごめんなさい。。。

それとK子との馴れ初めをとのコメントも、今までも何度もありました。

そのうち、書こうかなとも思います。お約束は出来ませんが・・・。

その当時を思えば、かなり幸せでしたね〜。

なんで、こんな子が僕なんかを好きでいてくれるんだろうと、有頂天になっていました。。。

自慢の妻でした・・・。

でも・・・結果は離婚・・・。

人生、いろいろです!!


では・・・

「未来は誰にも
わからない」と、えらそうな事を呟きながら・・・

「妻の・・・逆襲!!」いきます。。。

ブログランキングへ こんな未来もあるさ。。。

僕の行動は妻にバレてる!!


僕は、自分の車で行動する事が出来なくなりました。

そして、妻の恨めしそうな最後の言葉・・・


「一生・・・ゆるさない・・・」


確実な証拠もなく・・・

車の行動も見張られ・・・

そして妻の言葉・・・

以前のバイク事件の事を思い出し、僕は、異常過ぎるほど神経質になっていました・・・。



数日後・・・

会社に行く為に、車に乗ろうとしたのですが・・・

車の色がなんか変なんです・・・。


「なんだ!?これ!!」


茶色の液体が車に、かけられていました!!

前も後ろも・・・横も!!



「いったいなんなんだ!!これは!!」


気持ち悪くて、触る事も出来ません・・・。

べったりとした、液体のようです・・・。


「もう・・・いい加減にしてくれよぉ・・・」


僕は、車の前で、へたり込んでしまいまいた。

しばらく、放心状態になっていました。


すると・・・

かすかににおいがします。。。


「こ、これは・・・」

「コーヒーのにおいか!?」



缶コーヒーの甘いにおいがしました。

たぶん、何本か缶コーヒーを車にかけたんでしょう・・・。

完全な嫌がらせです。。。

誰がやったのか・・・


証拠はないですが、妻側の誰かという事は容易に想像できました・・・。


「今回は、これぐらいにしてやった。」

「次はもっと、酷いぞ。」



そんな意味に・・・とれました・・・。


「はぁ〜・・・負けそう・・・」


今まで普通の人生を送っていた僕が・・・

普通の人間の僕が・・・

なぜ、こんな目に合うのか。。。

ジワジワと攻めてくる攻撃に・・・

僕は、胃が急に痛くなり・・・

その場で、何度も、何度も、吐いてしまいました・・・。


それでも、なんとか気を取り直し、洗車場で車を洗い、会社に行きました。



14時過ぎ・・・

仕事で打ち合わせをしていると・・・


「誰だ!!あんな所に車を止めたのは!!」


上司が怒っています。


「他の車が出れないだろ!!」


僕は何気なく、窓から外を見ました・・・





「え!?」







K子の車が・・・








止っている!!






プルプルプル・・・


K子です!!


僕「いったい、なんのつもりだ!!」


思わず、怒鳴ってしまいました・・・

職場の人達が一斉に僕を見ます。


妻「今すぐ、来てください・・・。」


ガチャ・・・


プープープープー



なんなんだ!!あいつは!!


僕は、打ち合わせをしていたのですが、

あわてて外に、駆け出していました。

K子が車から出て、外に立っています。


僕「いったい、何のつもりだ!!」


僕「仕事中だ!!」



妻「車を調べさせて頂きます・・・。」



K子は僕の話しなど、まったく聞かず、車まで行き、K子の持っていた、予備のカギで僕の車を勝手に開けました!!


僕「いい加減にしろ!!」

僕「自分がいったい何をしているのか・・・」



僕「わかっているのか!!」


妻は・・・

冷たい視線で僕を、一瞬睨みつけましたが・・・

僕を無視して、車をあさります・・・。






僕「やめないか!!」









僕「や・め・ろ!」






出せる限りの声で・・・

怒鳴りました・・・。



ザワッ・・・



後ろで・・・声が聞こえました・・・。


冷汗が・・・流れました・・・。


恐る恐る・・・後ろを見ると・・・


窓から・・・


職場の人達が・・・僕たちを見ています!!



サーーーーー・・・・



背筋が・・・凍りつきました・・・。



僕の・・・部下達・・・


僕の・・・上司・・・


同僚・・・


事務員・・・





そして・・・





社長まで!!






僕「K子・・・いい加減にしてくれ・・・。」


僕「僕の立場を・・・考えてくれ!!」




僕「頼むから!!」






それでも妻は・・・僕の言葉を聞こうとはしません・・・。

僕は・・・妻の行動を、呆然と眺めていました・・・。




妻は僕の車をひとしきりあさった後、

僕の目を睨みつけました。



妻「証拠は何処?」



僕「何の事だ・・・」



妻「証拠よ!!」










妻「証拠はどこよ!!」





大声で・・・わめきます・・・。


僕「いい加減にしてくれ・・・」

僕「会社にまで来て、ここまでして・・・」




僕「おまえ、おかしんじゃないのか!!」



僕「今すぐ、帰れ!!」



妻「ふん・・・」

妻「あなたが、やめない限り・・・」





妻「何度でも来るわ!!」




妻「もし、これ以上、調べるなら・・・」




妻「私は、子供と死にます!!」




その言葉に・・・僕はキレてしまいました。




僕「ふ、ふざけるな!!」


僕「死ぬなら・・・」





僕「おまえ一人で死ね!!」




僕「子供まで巻き込むな!!」


僕「おまえは子供まで、人質にしようと言うのか!!」




僕「最低だな!!」




僕「もし、もう一度その言葉を聞いたら・・・」


僕「僕は・・・すべてを捨てても・・・」








僕「おまえを、許さない!!」





僕は、妻をそこに残し・・・

会社に戻りました・・・。



中に入ると・・・

職場の人達が、僕を見ます・・・。

会社内が・・・静まり返っています・・・。

僕は・・・今すぐ、逃げ出したくなりました。


上司「トランくん・・・こっちに来なさい。」

僕「はい・・・。」



上司の後を・・・ついていきます。


上司「入って。」


そこは・・・社長室でした。


僕「失礼します・・・。」

社長「トランくん。」

僕「は、はい・・・。」



社長「今のは、いったいなんだったんだ?」


僕「・・・・・・・・・・・・。」

上司「奥さんと何があったかわからないが、会社まで迷惑をかけたんだ・・・。」

上司「話すしかないんじゃないのか?」


僕「・・・ご迷惑をお掛けして、大変申し訳ございませんでした・・・。」


僕は、覚悟を決めて、今までの事を話しました。


社長「そうか・・・大変な事になっているんだな・・・。」

社長「分った、今日の事は見なかった事にしよう・・・。」


僕「え!?ありがとうございます。」



社長「ただ、会社のみんなにどう説明するかだな・・・。」

僕「・・・・・・・・・・・・。」


上司「私のほうから、何とか説明をして見ます。」

社長「そうか・・・うまく頼むぞ。」


上司「分りました・・・。」


社長室をでました・・・。


僕「ご迷惑をお掛けして、本当にすみません。」

上司「そういう事なら、仕方ないよ。」

上司「おまえも大変だな・・・」


僕「すみません・・・」

上司「でも・・・今回の件は、トランくんにとって、会社ではかなりマイナスだぞ。これからかなり噂になると思う。信用を取り戻すのはかなり時間がかかるぞ。」

僕「はい・・・覚悟してます・・・。」


自分の席に戻りました・・・。

みんなは、何事も無かった様に仕事をしています。


僕は、恥ずかしくて・・・情けなくて・・・

座っているだけでも、辛くなってしまいました。




すると・・・


同僚A「おまえも、大変そうだな。」

同僚B「まぁ〜でも、人生いろいろあるさ。めげるなトラン!」

部下「トランさん。あれぐらい気にしないで下さいよ。逆にカッコよかったですよ。」

事務「トランさんも、大変ね〜。でも、トランさんの人柄はみんな知っているから、気にしなくてもいいのよ。」



みんなが・・・僕の席に来て・・・励ましてくれました。。。

みんなが、気を使ってくれているのが分りました。



この言葉が、どれだけ、うれしかったか・・・。

今でも、感謝は忘れていません。




でも・・・

K子の異常な行動・・・

僕の周りまで、壊そうとするK子・・・


僕は、ここで引くべきなのか・・・

このまま、離婚した方がいいのだろうか・・・

これ以上、戦ったら・・・

なにをされるか、わからない・・・。


K子の行動に・・・心から怖くなってしまいました・・・。



ブログランキングへ