コメント欄が荒れてしまいました・・・。


僕が管理出来なかったのが原因です。

不愉快な思いをされた方・・・

本当に
申し訳ございません。


かなりの削除をさせて頂きました。

また、普通のコメントも削除しているのがあります。

コメントの流れで削除したほうがいいと判断しました。

申し訳ございません。


今後の対策ですが・・・

コメント欄は、もう一度通常に戻す事にします。

ただ、コメント欄に書き込みをして頂いた方の

意味のない、誹謗、中傷は、僕の判断で削除させて頂きます。

また、出会い系サイト、アダルトサイトや別のサイト

の紹介のURLも削除させて頂きます。

すぐに禁止設定をさせて頂きます。

コメント欄を通常に戻して、僕も出来るだけ

管理をさせて頂きますが、それでも荒れてしまう

のであれば、僕の方でコメントを預からせて頂き、

確認をしてから公開をさせて頂くようにします。

すぐに公開をする事が出来なくなり、

みなさんに、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、

ご理解よろしくお願いします。


再度、不愉快な思いをされた方・・・

大変申し訳ございませんでした。

       ・
       ・
       ・
       ・
削除させて頂きましたm(._.)m
       ・
       ・
       ・
       ・   

「妻の・・・反撃!!3いきます・・・

ブログランキングへ

K子は僕の何を調べているんだろう??

まだ、僕の証拠を探しているのか?

それとも、僕の不利になる事をさがしているのか?

どちらにしても・・・


今以上に、気をつけないと!!


妻の目的が分からない限り、

すべてに注意をしなくてはいけません。。。





それから数日後


僕は、家のお金や光熱費を入れる為、

銀行に行こうと思いました。

それで・・・

通帳を探したのですが・・・







「ない!!」






「通帳が・・・」








「ない!!」








妻が持っていったのでしょう・・・



この通帳は・・・

僕名義でしたが、妻が管理をしていました。

僕は、あわてて銀行に行きました。

通帳をなくしたと話し、免許書を見せて

身分を確認してもらい・・・

僕は、念の為に、

今までの明細を紙に印刷してもらいました。

それを見て・・・

僕は・・・






目を疑いました!!






生活費とは別で・・・


毎月・・・


今まで妻に渡していた・・・


家や光熱費のお金・・・


十数万円が・・・


ここ数ヶ月・・・


一度も・・・









入金されていない!!







「何で!?」



思わず、銀行内で声を出して叫んでしまいました・・・。

今まで、引き落としをされていたのは・・・

わずかな貯金と・・・

出産一時金の30万からでした・・・。

それも・・・

もうほとんど残っていませんでした。

妻は・・・

生活費とは別に十数万円のお金を毎月使っていた??

それに・・・山田からも金を貰っていたかも・・・

妻の引き出しに、合計30万近いお金があった事を思い出しました。




「K子は・・・」






「いったいどんな生活をしていたんだ!!」




あきれ果ててしまいました。。。


僕はその事を弁護士さんに報告をする為に、

マンガ喫茶で資料をまとめ、すぐに送りました。





その日の夜・・・


妻から電話がはいりました。


妻「あなた今日銀行に行ったでしょ。」

僕「はぁ?行ってないよ。」



なんで・・・知っているんだ??


妻「嘘!銀行から連絡がきたわ。」

妻「あなたのご主人がきて、紙に通帳記入をしたって。」


僕「銀行が・・・」


僕「そんな事言う訳ないだろ!!」



妻「ハハ・・・あなた・・・無知ね〜。」

妻「いったい何をしてるのやら・・・。」



僕「・・・・・・・・・・・・。」

僕「毎月のお金入れていなかったけど・・・」


僕「どういうことだ!!」



妻「それ以上、使わなかっただけでも・・・」



妻「ありがたいと思ってよね!!」




妻「毎日、いったい、なにをしているのかしらね・・・。」

妻「それに・・・あんなくだらない所にも行って・・・」

僕「金はいったいどうしたんだ!!」

妻「子供を育てるのは、あなたが思っているよりも、ず〜〜っとお金がかかるものなの。」

妻「それぐらいも、分からないの??」



妻の態度は・・・

今まで、僕の様子を伺っていた時と違い・・・

変に自信のある話し方をします。

多分、僕の証拠を盗み・・・

妻は、立場が逆転したと思っていたと思います。



僕「いい加減なことを言うな!!」


僕「この通帳、僕しか使えないようにしたからな!!」




妻「あら、そう?」

妻「ほとんど、お金ないのにね。」

僕「・・・・・・・・・・・・。」



バカにしやがって・・・


僕「証拠を盗んでいい気になるなよ!!」

僕「その証拠は山田の証拠だけで・・・」

僕「もう一人の男の書類は別にあるからな!!」



これは・・・嘘でした・・・。

こうでも言わないと・・・気が済みませんでした・・・。


妻「・・・・・・・・・・・・・・・・。」

妻「そんなの嘘よ!!」


妻「それに私は、山田さんとしか浮気してないわ。」



僕「なに!!」


僕「前は他の男とも付き合っていたと・・・」



僕「言っていただろ!!」




妻「あら?そんな事言いましたっけ?」

僕「・・・・・・・・・・・・・・。」



僕から・・・

電話を切ってしまいました・・・。



証拠を盗まれたのは・・・

やはり・・・致命的だ・・・

激しく、後悔をしてしまいます。


銀行の人間が話した??

そんな事はないと思いました・・・。

でも・・・

あの銀行は・・・

山田の会社が使っている銀行で・・・

妻は経理もしていました。

その関係で、通帳を作りました。。。

妻は銀行員を知っており・・・

山田は取引先・・・


可能性が、ないとは言えない・・・。


僕は銀行に電話をしました。

受付の女性が出ました。


僕「おたくの銀行は、通帳名義の人間が来た事を、第三者に話すのですか。」

受付「すみません。おっしゃっている事が、分かりませんが・・・。」


僕は、事の経過を説明しました。


受付「そのような事をするはずがありません。」


僕「そうは言っても、実際にされているんだから、調べて下さい!!」


受付「担当に変わります・・・。」


しばらく待たされ、男性の方が出ました。


男性「今、話を伺ったのですが、そのような事は一切していません。」

僕「でも、実際に妻が知ったという事はおかしいじゃないですか!!」

男性「失礼ですが・・・奥様が後を付けて見られたんじゃないんですか?」





ブルッ・・・




体が・・・震えました。



僕はこの時・・・



妻の言葉を思い出しました・・・




(それに・・・あんなくだらない所にも行って・・・)






・・・・・・・・・・・。



あの言葉って・・・



まさか・・・



マンガ喫茶の事??



僕は・・・



もしかして・・・








尾行されている??







僕「・・・・とにかく、銀行のみなさんに確認をしていただけないでしょうか?」

男性「分かりました。2.3日の間に、確認をして、ご連絡致します。」


電話を切り、その足で車に向かいました。

僕が、妻の車に位置検索をつけた事は、

証拠を盗まれている事でバレてる・・・

妻もその方法を使ったのでは?

そう思ったのです。


でも・・・

車をいくら調べても分りませんでした・・・。






僕は・・・





だんだんと・・・









追い詰められている??







敵は・・・



妻だけだろうか?



山田も関わっているのだろうか?



それとも・・・



別の男も??








眠れぬ日々が・・・





 

 


続きました・・・。




ブログランキングへ