こんばんは〜

でも寝ます・・・。

何とか更新をと思い。

書き上げましたが・・・。

本文短めです。

寝不足で限界です・・・。

ごめんなさい・・・。

でも、寝る〜〜

今日こそは寝る〜〜。

と・・・

いう事で、

ここまで短いのは、

初めてだと思いますが・・・

多分??

思考能力がないかも・・・


早く布団でぬくぬくしたいと思いつつ・・・

「別居・・・そして戦い5」ねま〜す・・・。

ブログランキングへ いきますだった・・・。おやすみなさい(-_-)zzZZ


妻に別の男が・・・

今まで調べ上げた、証拠の自信が揺らぎました。

考えがまとまらないまま家に着きました。

家に着き・・・

しばらく、ボーッと考えていました。。。


もし・・・

妻が山田以外に別の男と会っていたならば・・・

いったい、いつだったんだろう??

僕は常に監視をしていた・・・

なにを見逃してしたのだろう・・・

必死に思い出します・・・。




あ!!




そういえば・・・

2回ほど、今思えば変な行動があった!!

僕の家から車で30分の所に百貨店がありました。

妻とはよく行っている所でした。

僕が会社にいる時に、妻はそこに2回ほど行きました。


(位置検索で確認していました。)


その時は2回とも、4時間ぐらい駐車場に車が止まっていた事を思いだしました。。。

4時間・・・

かなり微妙な時間だな〜とその時は思っていました。

でも、百貨店という事もあり、それぐらいの時間はかかるかな?

と・・・あまり深く考えていませんでした。。。



もしかして・・・




あの時か!!


その時に・・・


別の男と会っていたのか!!





でも・・・

今となっては、どうしようもありません。。。


それに・・・

これも、ただの推測です・・・。

本当の事はもう・・・調べる事は出来ません。



妻と山田に立ち向かい・・・

必死に、ここまで証拠を集めてきて・・・

いざ、戦いになったら・・・

別の男??

脱力感を感じます・・・。



でも・・・


もう戦いは始まってしまったんだ!!


今の証拠で・・・


戦うしかない!!



なんとか気持ちを奮い立たせますが・・・

この日から・・・

自信が揺らぎ・・・

不安を抱えたまま・・・

戦う日々が始まりました。




弁護士さんに言われたように、今までの証拠をパソコンでまとめました。


物的証拠の写真を貼り付け、説明を書き込み、印刷します・・・。

今までの妻の行動を日付でまとめ、細かく行動内容を書き込みます・・・。

妻が今まで話した、会社での飲み会、出張、社長との食事、社長又は会社で貰ったと話していたもの(バック、指輪、パソコン、携帯他・・・)をすべて箇条書きにしました。

僕の今まで調べた事、聞いた事を、僕の出来る範囲ですべてまとめました・・・。





「僕の、今までのすべてを書き込んだ!!」



「山田が嘘を言っているであれば・・・」



「これで、言い訳はできないだろう!!」





我ながら、よく出来たと思います。。。

今思えば、必死だったと思います。

僕が調べた事は間違っていない!!

そう・・・思い込みたかったのかもしれません。。。





次の日


書き込んだ書類を・・・

弁護士さんに渡しました。。。


弁護士「よく、ここまでまとめたね。」

弁護士「このまま、山田に送れる内容だよ。」



少し・・・うれしくなりました・・・


弁護士「人間・・・必死になれば、出来るもんだな。」


弁護士「ワッハハハハハハ・・・」


バカにされた気分です・・・


弁護士「すぐに山田に送るよ。」

僕「・・・お願いします・・・。」


弁護士さんは、今まで何百人と相手にしてきたから、

依頼人の苦しさはあまり感じないかもしれないな・・・。


少し悲しくなりました・・・。




それから数日は何事もなく過ぎました・・・。




でも・・・

ある日

妻から突然、電話が入りました。



妻「もしもし・・あなた・・・」

僕「なに?」

妻「携帯の事だけど・・・」

僕「携帯?」


妻「そう・・・もう一つの携帯は・・・山田さんの会社で支給されたと言っていたけど・・・」

妻「本当は違うの・・・。」


僕「違う!?」



僕「どういう事?」

妻「もう一つの携帯は、実家とか友人用で持っていたの。」

僕「ふ〜〜ん。そうなの。」



僕は妻がまた、嘘をついているとすぐに分りました。


妻「だから・・・あの携帯は、山田さんはなにも関係ないの。」

妻「だから・・・その事は山田さんには言わないで・・・」



山田に・・・言うな!?


と・・・いう事は・・・


携帯は・・・


山田は関係ない!?




妻「あなたに、以前見つかった時にすぐに解約したから・・・」


以前というのは、かなり前・・・

僕がまだ妻を疑ってもいない時の話しです・・・。



僕「・・・解約した!?」



僕「嘘をつくな!!」




僕「少し前に確認したばかりだ!!」



僕「携帯の写真も撮って、証拠で押さえてるんだ!!」




妻「・・・・・・・・・・・・・・・・。」



妻「あなた・・・」






妻「携帯まで見たの??」





僕「あ〜!!出来る事はすべてやった!!」


実際は妻の携帯の内容まで、確認は出来ませんでした。

いろいろな事を試したのですが、妻の携帯の暗証番号は

解読出来ませんでした。。。

この時はまだ、妻の機種に対応出来るものがありませんでした・・・。







妻「・・・ひどすぎる!!」






僕「・・・・K子もな・・・。」

僕「それに・・・」

僕「山田に言うなというのは、もう遅いよ。」

僕「文書で質問書を送ってるしな。」




妻「・・・・・・・・・・・・・。」



僕「山田は・・・一切知らないと言ってきたよ・・・。」

僕「どういう事だ??」

僕「他に、本当に男がいるのか??」

僕「どうなんだ??」







妻「・・・・・・・・・・・・・・。」










妻「あなた・・・」














妻「ゆ・る・さ・な・い・・・













プーップーップーップーップーッ



電話が・・・切れました・・・。


妻の最期の言葉に・・・





背筋が・・・




凍りました・・・







うらめしそうな・・・言葉・・・。



憎しみを込めた・・・言葉・・・。






妻の・・・ここまでの言葉を聞いたのは・・・


妻と知り合ってから・・・





初めてでした・・・。






妻を怖いと思った事は・・・


今まで無かったですが・・・


初めて・・・


妻にたいして・・・









恐怖を感じました・・・。









そして・・・



この日を境に・・・



妻の反撃が・・・



はじまりました!!












二日後・・・







 

 









僕「・・・・・・・・・・・・・・・・。」



















「やられた!!」






僕は・・・



呆然と・・・



立ち尽くしていました・・・



夢であってほしい・・・



何度も・・・



何度も・・・



現実の出来事か・・・



夢ではないのか・・・













確認をしてしまいました・・・。

戦う自信が・・・消え失せてしまいました。。。



ブログランキングへ