鮎・・・売っていませんでした。。。

仕方なく、トラウトサーモンにしました。。。

トラウトって何の意味なんだろう??

でも、結構おいしかったです〜。。

でも、後片付けやっぱり大変でした・・・。

食器洗い機ってあったよね。。。

あれって、便利なんだろうか・・・。

でも高そうだし・・・一人だし・・・

そこまでは必要ないかも。。。

と・・・いいながら、リサイクルショップを見てこようと・・・。

ちょっと、やけ買い気分です。。。


と・・・いうのも・・・・

風の噂で・・・

元妻に彼氏が出来たと聞きました。。。

もちろん、離婚しているし・・・

どんな男と付き合おうが・・・

別にどうでもいいですし・・・

僕は何も言えませんが・・・

やっぱり、複雑な気分・・・。

離婚の理由なんて元妻は彼氏に言える訳ないし・・・。

どうせ、僕の事を悪く言ってるんだな〜と思うと・・・

いや〜な気持ちになりました・・・。

でも・・・

今はただ・・・

子供だけは幸せにしてほしいと・・・

願うばかりです・・・。

せめて、デートには・・・

子供も一緒に連れてってほしい・・・。


やけ酒を飲みながら・・・

「別居・・・そして戦い3」・・・い き ま す・・・。

ブログランキングへ カ ナ シ イ ネ・・・

妻の話しを聞いて、山田が怖くなりました。。。

僕は、平凡なサラリーマン・・・。

山田は会社社長・・・。

それも、仕事内容は、たまにテレビで問題にされているような仕事をしています。

山田がその気になれば、ある程度の事はできるでしょう。

ましてや、金銭面では太刀打ち出来ません。。。


次の日、弁護士さんに相談しました・・・。


弁護士「そんな事気にしなくてもいいです。」

弁護士「ただの脅しでしょう。」

弁護士「万が一、トランくんに何かあったら・・・」

弁護士「私が弔い合戦をしてあげるから。」


弁護士「ワッハハハハハハ・・・」



弁護士さんは何も気にしていないようです。。。


弁護士「証拠は揃ってますので、山田が破産するまでと言っても、自分が恥をかくだけです。」

弁護士「大丈夫です。必ず勝てますので。」

弁護士「ただ・・・奥さんの言っていた事も少しは気になりますね。」

弁護士「それと・・・トランくん・・・正直に教えてほしいけど・・・。」



僕「は、はい??」


弁護士「トランくんは、今まで浮気した事はありますか?それと今は?」


(僕が・・・浮気??)


僕「僕は今まで浮気をした事はありません。風俗もないです。仕事の接待でキャバクラに行ったのが最高です。その時は上司もいましたけど・・・。」


弁護士「なら・・・大丈夫です。」

弁護士「でも、これからの行動は気をつけて下さいね。」


弁護士「山田や奥さんの言動からすると・・・」

弁護士「なにか仕掛けてくるかもしれません。」

僕「・・・・わかりました・・・。」


弁護士「くれぐれも、行動は謹んで下さい。」


僕「大丈夫です!!」


(信用ないのかな・・・僕って・・・。)


弁護士さんは、気にしなくていいと言いましたが、

それでもやっぱり心配です。


山田に対する恐怖感はなくなりませんでした。。。



実際、この日から無意識に、外に出る時は必要以上に、周りを気にしてしまう日々が始まりました。

神経がだんだんと磨り減っていったのを思い出します。。。




妻は・・・

追い詰められていて必死なだけなんだ・・・。

カードは僕が握っている・・・。

負けるわけない!!

無理やり気持ちを奮い立たせていました。。。



その日の夜・・・

また・・・

妻から電話がありました・・・。


僕「なに?」

妻「思いとどまってくれた?」

僕「何を。」

妻「何をって・・・山田さんを訴える事よ。」

僕「それは昨日言っただろ。絶対に責任を取ってもらうって。」



妻「でも、あなたに何をするか分らないのよ!!」

妻「それに、裁判になったらあなた破産するわ。」

妻「もう一度、考えた方がいいと思うの。。。」




僕「もしやるなら、やればいいさ。」


僕「ただし、今後、僕に何かあったら、すぐに山田の名前を警察に言うからな。」

僕「それが、交通事故でも、喧嘩でも、盗難でも!!」

僕「すべて、山田の名前を言いますので!!」

僕「それに、昨日の話しはすべて弁護士に話したよ。」


僕「弁護士も認識したから、下手な事は出来ないよ。」

僕「それと、破産の事もやりたければ、やればいいよ。」

僕「証拠は完璧にあるんだ。」


僕「裁判になって、何度も細かい事を聞かれて、恥をかくのはK子と山田だよ・・・。」




妻「そこまで・・・・するの??」




僕「それは、僕の言葉だ!!」





妻「あなたに・・・」





妻「そこまで出来るはずはないわ!!」






僕「そう思うなら、すればいいさ!!」




妻「・・・・・・・・・・・・・・。」

妻「どうしてもするのね・・・。」

僕「山田に情もなにもないからね。」

妻「・・・・・・・・・・・・・・。」



妻「なら・・・」

妻「内容証明を送るなら、山田さんの自宅でなく・・・」



妻「会社に送ってほしいの!!」


僕「会社に??なんで!」

妻「自宅に送ると・・・奥さんが見るでしょ・・・。」

僕「見られたら、それは仕方ないじゃないか。」

僕「それだけの事をしたんだし。」


妻「でも・・・奥さんに見られたら、山田さんの家庭も壊れるわ。」

妻「小さい子供さんが二人もいるのよ!!」

僕「・・・・・・・・・・・・・・・。」


僕「・・・・でも・・・・それは仕方ないよ。。。」

妻「私達の子供みたいに、親が一人になってしまうのよ!!」

僕「・・・・・・・・・・・・・・・。」



妻「子供さんが可哀そう。。。」


妻「奥さんが可哀そう。。。」



(確かに・・・山田の家庭も壊れるかも。。。)


奥さんと子供さんの泣く顔が浮かびました。。。


僕「でも・・・それは・・・山田の家庭の問題で・・・こっちは関係ないよ・・・。」

僕「だったら、最初から浮気をしなければよかったんだ!!」

妻「それは、反省してるわ。。。」


妻「でも・・・私のせいで・・・山田さんの奥さんと子供さんが悲しむのは耐えれないの!!」

僕「・・・・・・・・・・・・・・・・。」


妻「それに・・・・。」

妻「山田さんの奥さんが、今回の事を知ったら、私に慰謝料請求をすると思うの。。。」

僕「・・・・・・・・・・・・・・・・。」


妻「離婚されたら、社長婦人だから、かなりの慰謝料請求すると思うの。。。」

妻「でも・・・私は今働いてないし・・・これからの生活も不安があるし・・・・。」

妻「一生かかっても払えないわ。。。」



妻は・・・泣き出しました・・・・。





これには・・・・




さすがに・・・堪えました・・・。




山田の奥さんと子供さんの悲痛な顔が浮かびます。。。

妻が・・・貧乏な生活をして、山田の奥さんにお金を払っている姿が浮かびます。。。



妻にはまだ情があり・・・

関係ない山田の奥さんや子供さんを僕が不幸にさせてしまう。。。



今思えば、妻の、僕の性格を知り尽くした・・・

したたかな作戦だったと思います・・・





でも・・・




これには・・・




負けてしまいました・・・




僕「わかった・・・。」

僕「会社に送るよ。。。」

妻「本当に、ありがとう。。。」


妻は泣きながら礼をいいます・・・。


僕「でも・・・これが最後の妥協だからな。」

妻「分りました・・・。ありがとう・・・。」






次の日の朝・・・


弁護士さんに電話をしました。。。








弁護士「甘すぎます!!」






僕「・・・・・・・・・・・。」

弁護士「そんな事では、これから戦えませんよ!!」

僕「すみません・・・。」

弁護士「トランくんが依頼主だから・・・」


弁護士「今回はトランくんの意思を尊重しますけど・・・」


弁護士「次回からは、必ず連絡して下さい!!」


僕「すみません。。。」



弁護士さんに怒られ・・・

落ち込んでしまいました・・・。



弁護士「では・・・山田の会社に内容証明を送ります。」

僕「すみません・・・お願いします・・・。」








それから、数日後・・・


弁護士さんから連絡が来ました。



弁護士「山田から、回答が来ました・・・」


僕「来ましたか!!」


弁護士「でも・・・気になる内容があります。トランくんに確認してほしいので、今日来れますか?」


(気になる内容??)


僕「わかりました・・・伺います。」


弁護士事務所に向かいました・・・。

弁護士事務所に着き、弁護士さんに回答書を見せてもらいました・・・。

回答書をしっかりと読みます。







読んでいくうちに・・・





僕は・・・





手が震えてきました・・・。









僕「・・・弁護士さん・・・これって・・・。」



弁護士「・・・・・・・・・・。」



弁護士「山田が・・・」



弁護士「嘘を言っていないのであれば・・・」



弁護士「私たちは・・・」




弁護士「根本から、考え方を・・・」



弁護士「訂正する必要が・・・」














「あります!!」







想像以上の内容でした・・・。



目の前が・・・



真っ暗になりました・・・



今までの・・・



調べ上げた証拠の・・・



自信が・・・













揺らぎました!!





ブログランキングへ