やっと出張も終わり、通常の日々になりました。。。

コメントの中で、浮気している人の行動、言動の事が書いてありましたが、すごく共感しました。

僕の元妻も、浮気がばれた後、些細なことで反論をしてくる、揚げ足をとる。。。なんとか自分が正しいんだと、持っていきたい行動、言動がたくさんありました。

今思えば、元妻も自己防衛で必死だったと思えるんですが、当時は意思の疎通ができない、普通ならこう考えるだろうと思った事でも、突拍子もない発言をしてくる。。。そんな事が多くなり、日本語が通じないと真剣に悩んでいた時期がありましたね。

僕の事を下に見ていた元妻が、僕に反撃され、かなりくやしかったんだと思います。

言い方が変ですが、忠実な飼い犬に噛まれたと思っていたかもしれません。。。

もちろん・・・そんなふうにしてしまった、僕にも原因はあるのですが・・・。



話がかわって。。。ブログランキングですが、上位の「生活、文化」をゆっくり拝見させて頂きました。。。


そこで思った事・・・。


ほとんどのブログが、ほのぼのとしたブログでした。。。

犬や猫のブログが多く、僕も見入ってしまいました。。。


あ〜〜心が安らぐ〜〜。。。


そんな中で、僕のブログはなんか浮いているような・・・。

なんか・・・モザイクがかかっているような・・・。

こんな所にはいてはいけないような・・・。

そんな気分になってしまいました。。。


世の中幸せが一番!!

もちろん幸せが一番なんですが、

世の中、こんな世界もあるんだよと・・・

少しでも、みなさんに読んでいただけたらと思います。。。


あ〜〜僕も幸せになりた〜〜い。。。


と・・・愚痴を言いつつ・・・


「反撃!!3」いってみます。。。

ブログランキングへ 離婚の辛さを少しでもみなさまに・・・。

妻の尿道炎がほんとうのところは、何が原因かはわかりません。

でも・・・

ぼくはそれ以来、妻を見ると・・・気持ち悪くなりました・・・。


顔を見るたびに、山田とやっている姿を想像してしまいます。。。


でも、それでも病気の妻に浮気の事実を話すのは酷と思い、治るまでは我慢していました。。。


その間、母親から連絡がありました。

母親「トラン大丈夫かい?話せたかい??」

僕「母さん、妻が病気だからそれが治るまでは言わない事にしたよ。」

母親「あの子が病気なの!?大丈夫なの??」

僕「大丈夫だよ。たいした事ないから・・・。」


母親「それならいいけど・・・。気になって寝れないんだよ。。」

僕「ごめん。母さん、言う前には必ず連絡するから。」


母親「それと、あの子のお母さんが言っていた、トランが自殺未遂とか、保険金とか・・・。」

母親「母さん、トランが殺されるんじゃないかと、心配で、心配で・・・。」

僕「それは・・・考えすぎだよ母さん。」


母親「それならいいけど・・・。でも今思えば、あの子のお母さん・・・トランに恨みを持っているように感じたから・・・。」

僕「・・・・大丈夫だよ。一応気をつけるから・・・。」

母親「それと・・・あの子の浮気相手って本当に一人だけなのかい??」

僕「なんで??」


母親「なんとなくだけど・・・トランの話を聞いてると、他にもいそうな気がして・・・。」

僕「さすがにそれはないと思うよ。。探偵さんで調べても山田しかでてこなかったから。。」

僕は、このときはそう信じていました・・・。

母親の勘??この時、母親の言葉をもっと深く思っていればと、今も後悔してます。。。



多分、妻は妻の母親に、僕の事をかなり酷く言っていたんだろうな・・・。

その事で、妻の母親も仕返しに、僕の母親をいじめたんだろう・・・。

それか、本当に妻は僕を殺そうと思っているのだろうか??

それとも・・・殺したいくらい嫌っているのだろうか・・・。

あとは・・・離婚の時、妻のお母さんが反対しないように、僕がおかしくなってると言って、離婚の準備をしているのだろうか??


いろんな事を考えてしまいます。。。


数日が過ぎ・・・

妻の病気は治ったようでした。。。

話す日が近づいてきます。。。


僕は、弁護士さんに言われた事を実行しました。

電気屋にいって、ボイスレコーダーを買います。。。

説明書を読み、使い方を覚えます。。。

何度も、録音されているか確認します。。。


(僕は・・・何をしてるんだろう??)


車の中で、一人で話して録音できているかを確認している姿を、バックミラーで見てしまいました。。。

情けない気分になります
。。。


でも、やるしかない!!


もう・・・後には引けないんです。。。

進むしかないんです。。。



でも・・・

いざとなると、勇気がなく、ダラダラと何日も過ぎてしまいました。。。




そんな時・・・


妻からメールが入りました。


「もうだめみたいね。あなたは私や子供に対して愛情がないのがよくわかります。このままでは子供は愛情のない子に育ってしまいます。子供は愛情のある子に育ってほしかったから、今までずっと我慢していましたが、もう無理みたいですね。外では好きな事してるみたいですし。一人でどれだけでも好きな事すればいいでしょう。別々に暮らしましょう。」




やばい・・・。




妻は行動をはじめてしまった・・・。

妻は・・・僕が、妻にも、子供にも愛情がなく、外でも浮気をしているみたいだと言う理由で、有利に離婚をしようと考えてるんだ・・・。




もう・・・


時間がない!!




僕はすぐにメールを返信しました。




最後の願いを込めて・・・


「僕は、子供に愛情があります。家で見ていれば分かると思います。僕がどれだけ子供に愛情があるのか・・・。○○(妻)にも愛情をもって接してきました。僕は、外ではなにも好き勝手な事をしていません。僕は浮気は一度もしていません。家族だけを見てきました。逆に○○(妻)はどうですか?今までの事を反省できませんか?反省できるなら、前向きな話し合いをしたいと思っています。」



すぐに妻からメールがきました・・・



「好き勝手してるのはあなたでしょう!!あなたが反省しなさい!!」






だ め か・・・・。






やはり・・・もう無理なんだ・・・。

僕は・・・メールをしました・・・。





覚悟を決めて・・・。



「反省が出来ないなら、今後の事を話し合いましょう。もうすぐ帰ります。」





妻との・・・



対決です・・・・




僕は、ボイスレコーダーをズボンに隠しました。




家に・・・着きました。

ボイスレコーダーのスイッチを入れます。。。




ドアを・・・開けます。。。




妻がソファーに座っています。。。


子供がベビーベットで寝ています。。。




(この光景を見るのも・・・・)


(今日で・・・最後かな・・・。)



今までにない悲しみを・・・感じました・・・。




僕「今日で・・・最後の話し合いになるかもしれない。」

妻「・・・・・・・・・・・。」


妻はいつもと同じく、僕の顔をみません。。。


僕「その事を考えて、話しをしてほしい・・・。」

僕「・・・今までの事を・・・」


僕「・・・反省できないか??」



妻「反省するのは、あなたでしょ!!」



僕「その答えでいいのか?本当に・・・。」



妻「なによ!!私のなにを反省しろっていうのよ!!」





(・・・・・・・・・・・・・・・・・。)



(終わったな・・・家族が・・・)








「・・・・・・・・・・・。」






「知ってるんだ・・・」








「おまえ・・・」







「山田と・・・」
















「浮気してるだろ!!」











妻は・・・





はじめて・・・





顔を上げ・・・





僕を・・・


















睨みつけました!!


子供が泣き始めます。。。




ブログランキングへ