コメントがすごくて驚いています。。

本当にありがとうございます。

レシピまで書き込んでくれまして・・・。

書き込みも時間がかかるでしょうに。。。

感謝しています。

でも一応・・・離婚のブログなんで・・・。

皆さんの書き込みしていただいたレシピは現在翻訳中でございます。

なにやら呪文のような言葉が多いんで・・・。


「おかか」ってかつおぶしの事かな??

「ミックスベジ・ハム」ってハムが売ってるんでしょうか??

「希釈する出汁」って・・・古文??

「菜箸」とか「根菜類」とか「下茹」って中国語??

「マギーブイヨン」って手品師??



う〜〜ん。言葉って難しい・・・。

昨日は肉と野菜の入った味付けしてるのを食べました。

コメントにも指摘があったけど、電子レンジで何回も温めたけど、生だったから、フライパンで温めました。台所の棚の奥から、元妻が残してった(捨てていった?)フライパンがあったんで・・・

食器類もほとんどもって行ってしまったんで、また買わないと・・・。

フライパンは洗っていたら、黒いのがボロボロと剥がれます・・・。

大丈夫なんだろうか?このフライパン。。。

ちなみにこんな奴です・・・。

フライパン思いきって買おうかな?

どうせ買うなら、中国の人が使ってるフライパンがいいな。

カッコイイしね。

ちなみにフライパンって何故にフライパン??パンをフライしたからフライパン??

なぞです。。。論文に出来るぐらいなぞです。。。

今日はもやしとジャガイモに挑戦しま〜す。

ご飯は十目ごはんの素を入れます。

五目じゃないよ!!十目だよ!!

世の中は日々進化してるね〜。

では料理を無理やり趣味にしようかと考えつつ・・・。

「新たな決意!!2」いくね〜。

ブログランキングへ

母親から電話の内容が気になっていました。。。

母親も寂しいんだろうな。。。

一度、実家に行かないと・・・。 

僕は母親が疲れていて、寂しくて電話をしてきたと思っいました。

でも違いました!!

二日後に母親から電話がありました。。。


僕「あ、母さん。元気?大丈夫??今度そっちに行くから。」

母親「トラン・・・。元気でやってるかい?心配事はないかい?」

僕「僕は大丈夫だよ〜。母さんこそなにか心配事があるの?」

母親「・・・・・・・・・。」



また泣き出しました。


僕「・・・母さん。何でも言って・・・。僕は母さんの味方だよ・・・母さんの子供だよ・・・。何でもするから・・・。言ってみて。」

母親「言えないから・・・。言わないように約束したから・・・。」



泣きながら言います・・・。


僕「何があったの?父さんに何かあったの?それとも兄さん?」

母親「違うよ・・・。トランは元気なの?大丈夫なの?」



(僕の事か!?僕の事でなにかあったのか??)


僕「母さん・・・心配事って僕の事?誰かになにか言われたの?」

母親「・・・・・・・。」

僕「母さん!!僕の事なら教えて。僕は大丈夫だから。」




母親「トラン・・・。死んだらだめだよ・・・。」



僕「死んだら??」



母親「生きていたらきっといい事があるから・・・お願いだから、母さんより先に死なないで!」


母親が何を言ってるのか理解が出来ません。


僕「僕は別に病気でもないし、死なないよ。元気だよ?何でそんな事言うの?」

母親「だって・・・トランが自殺未遂したって連絡があって・・・・」



母親はそれから言葉にならず、泣いています・・・。



(僕が自殺未遂!?いったい何の事??)



僕「母さん!!僕は自殺未遂なんかしてないし、元気だよ。そんな話しは嘘だよ!!誰がそんな事いったの!!」

母親「え・・・。嘘なの??本当に嘘なの??自殺未遂なんかしていないの??トラン!」

僕「だから、自殺未遂なんかしてないし、考えてもないよ。まったくの嘘だよ!!誰が言ったの?」

母親「あ〜良かった・・・。本当によかった〜。。。心配で、心配で母さんずーっと寝れなかったよ。」

僕「母さん・・・。いったい誰がそんな嘘を言ったの!?」


母親「それは・・・。言わないって約束だから・・・・。」

僕「母さん!!それは嘘なんだから、言ってもいいんだよ!!その人は嘘をついたんだよ!!誰なの!!」


母親「○○さん(妻)のお母さんから・・・」



(妻のお母さん!?)


(いったいなんで!!)


状況が把握出来ません。。。


僕「母さん。詳しく話してみて。どんな話しだったの?」


母親から、二日前の話しを聞きました・・・。

妻のお母さんから電話があり、次の事を言われたというのです。


・僕が子供の面倒をまったく見ない。

・お金も入れてくれない。

・○○(妻)が可哀そうだ。

・子供も可哀そうだ。

・僕が首吊り未遂をした。

・精神的におかしくなっている。

・僕が死んだら、何億も保険金が入る。




いったいなんて事を言うんだ!!


それに僕に話したら、精神的におかしいし、また自殺未遂するかもしれないから、黙っているように強く言われたみたいでした。

たぶん前に探偵さんに調査した時に妻の家族が集まっていたから、その時に妻が話したんでしょう・・・。

なんで僕の母親にそんな話しをしたのだろう?妻のお母さんも気が強い人なんで、母親に仕返しをしたかったのかも知れません。それか今後の事の作戦か・・・。



でもいっていい事と悪い事がある!!



僕「母さんそれは全部嘘だから・・・心配しないで。自殺未遂なんてしてないし、考えてもないよ。」

母親「本当なの?本当に大丈夫なの?」


まだ泣いています・・・。


僕「うん、大丈夫だよ。心配かけたね。全部嘘だから。」

僕「実は今・・・妻とはうまく行ってないんだ・・・。」

僕「詳しい事は、今度休みの日にそっちに行って話すよ。」

母親「なにかあっったの?大丈夫かいトラン・・・。」

僕「だから、大丈夫だよ。妻のお母さん、勘違いしたんだね。」



母親は泣きながら、何度も僕を心配してくれました・・・。


電話を切り、怒りが沸いてきました!!


僕の母親に何て事をいうんだ!!

いったい何を考えてるんだ!!

僕が自殺未遂だって!!

いい加減にしろ!!




僕は無意識のうちに自分を守っていました・・・。

借金の70万ならなんとか返していける・・・。

これ以上借りると生活が出来なくなる・・・。

無意識に計算をしていました。


でも・・・


母親が自分の子供が自殺未遂したって聞いたら、どれだけ心配するのか分っているのか!!



許せる範囲を超えました。


妻は何か行動を起こしたのかもしれません。

嘘をついて有利にし始めてるのかもしれません。

人を傷つけてでも、自分を守る為に!!




ならば僕は戦おう!!


破産してでも!!


なにがあっても!!


許さない!!


絶対に許さない!!


絶対に!!








「僕は・・・」


 

 


「負けない!!」



僕は自分をすてて、金策に走る事にしました・・・。

僕の事はどうなってもいい・・・。

怒りで我を忘れていました・・・。



ブログランキングへ