僕個人の食生活まで心配してくれて・・・\(⌒○⌒)/

ありがとうございます。

スーパーの反応がすごくて驚きました。

みなさん温かいお言葉ありがとうございます。

皆様のお言葉をまとめさせて頂くと・・・・



スーパーぐらいいかんかい!!

なにを甘えとんねん!!

おまえの事なんかだれもみとらへんわ!!

うぬぼれるな!!ボケッ!!



との事になるのでしょうか。。。

ここまでお言葉を頂くと行くしかありません!!

ここで行かなかったら何を言われるか・・・・

いえいえ!!ありがたくいかさせて頂きます。

と・・・いう事で今度の休みに行ってきま〜す♪

野菜買ってきま〜す。。。調味料も買ってきま〜す。。。

がんばります。また報告します。(涙)


さてと・・・話しは変わって・・・・。


車・・・・傷つけられた〜〜!!

10円攻撃された〜〜!!

運転席側全部だよ〜〜!!



それも律儀に、二本も線をつけられた〜〜!!

車屋さんに見せたら、「10万はするね〜」って・・・。



そんな金あるかい!!



暫くはそのまま乗ります。。。

あ、自分だと思った人・・・。

今なら怒らないから、名乗り出てね〜〜♪

コーヒーでも飲みながら、じっくり、ゆっくり、話そうね♪

あ、別にコーヒーに下剤なんか入れないから♪

安心してね♪

下剤なんて・・・そんな生易しいものなんか入れないよ♪

ほら♪僕はやさしいから・・・♪


で て き な さ い !!

今 す ぐ に !!



何処に怒りをぶつけていいのか分らないまま・・・。

「弁護士依頼〜さらなる調査3〜」い き ま す!!

ブログランキングへ

ロレックスや見た事が無い宝石類を見つけ、僕は考えました。

僕が思っている以上に妻は、まったく違う世界で生きてるのかも知れない。

妻はたんに山田が好きで浮気したというよりは、やはり山田が金持ちだから浮気をしているかもしれない。

山田はお世辞にも顔がいいとはいえないし、太っているし、そんなにもてるタイプだとも思えない。。。

妻が好きなタイプとは思えない・・・。

たぶん妻は計算高い人間だから、山田の金に惹かれたんだろう・・・。


僕は浮気をされても、ほとんど怒りは山田に向けていました。

山田が妻を奪ったんだ。だから妻も冷たくなったんだ・・・と。

でも、冷静に考えると、山田ではなく、妻が山田を誘惑したかも知れない・・・。


妻はかなりもてるタイプでした。また外面が完璧で、妻の悪口を言う人はいませんでした。

また、昔から男の友達は多いタイプでした。

そんな妻を僕は自慢していた事もありました。。。

今思うとバカでしたけどね。



「とにかく!!」


「妻の持ち物を徹底的に調べるしかない!!」


妻の持ち物を調べる日々が始まりました。

妻がお風呂に入っていると時やちょっとした隙を使って・・・。

でもず〜〜〜っと罪悪感がありましたよ。。。

今思い出しても、いやな気分になりますね。。。



僕は妻のカバンを調べました・・・。

カバンの中には・・・・

携帯が2個あります。これは以前に分っていた事ですが・・・


「返すっていっていたじゃないか!!」


携帯はまったく一緒の機種、まったく一緒の色です。。。

今はあやしすぎると思いますが、以前は妻を信じていました。

以前2個の携帯を見つけた時は、前にも書きましたが、辞めた会社(山田の)緊急連絡用と言っていました。まったく同じ機種に対しては、他の機種だと使い方が分らないと言っていました。

僕が、辞めた会社なんだからおかしいと言うと、「すぐに返すから」と言っていたのに・・・。

二つ携帯があります。。。

携帯を押してみます。

二つともロックになっていました・・・。

一つは連絡用か??もう疑う事しか出来ません・・・。


財布を見ました。


「なんで、ゴールドカードが4枚もあるんだ!!」



財布の中身を見ます。。。


「・・・ん!?」


なんか沢山お札があります。

お札を数えます・・・。



「・・・・14万6千円!!」



なんでそんなに現金があるんだ!!


もう・・・未知の世界です・・・。

レシートを見ると、2万5千円の靴を買っていました。

はぁ〜僕なんか、4000円の靴なのに・・・。


別の日・・・。

ドレッサーをもう一度調べました。

ロレックスが2個あります。。。

見た事も無い宝石類があります。。。

さらに調べていると・・・。

領収書らしきものがありました。

封を開けて中を見ます。


「・・・・・・・・!!」


エステの領収書でした。

金額は・・・・




「58万円!!」




いったい何処に金があるんだ!!


もう目まいがします。。。

調べれば、調べるほど、想像以上の事が起こります。

怒りというよりは、呆れてしまいました・・・。


でも隙を見て、少しずつしらべても、中々進みません。

弁護士さんに内容の事を連絡しました。

今まで見つけた物を伝えます。


弁護士「それらは奥さんが自分で買ったと思いますか?」

僕「そんなに家にお金があるとは思えないです。」

弁護士「その持ち物や領収書、レシート、カードは写真を撮りました?」

僕「いえ、そこまではしていませんけど。。。」


弁護士「それらは、証拠になる可能性が高いから、写真を撮っておいて下さい。」

僕「写真ですか・・・。そこまでしないといけませんか?でも妻が家にいる時は無理だと思いますけど。」

弁護士「写真は必ず必要です。奥さんが家を出た時に他もすべて調べて下さい。まだいろいろありそうですしね。」


僕「分りました・・・。」


僕は妻の持ち物を徹底的に調べる事にしました。

僕の休みの日に、妻が出る事を想定して。

デジカメを買いました。

そして、探偵さんに連絡をしました。

弁護士さんが、再度証拠を撮って、継続性を証明したい事を伝えました。


探偵さん「分った。トランさんの休みの日だね。まかせといて〜」


妻が家を出たら、探偵に見張らせ、僕は家を調べる。

なんか、小説の世界みたいで、戸惑いを感じます・・・。

でも、小説とは違い、現実の悩みがありました。。。


(なんとかこれで、すべてうまくいってほしい・・・。これで最後にしたい。)


僕は祈るしかありませんでした。




なぜって?



だって・・・




今回の探偵さんの調査費用で、消費者金融の限度額いっぱいになるんで・・・。

もう・・・後がないんです・・・。


ブログランキングへ