ココセコムですが、僕は友人Aから借りて、妻の車に取り付けましたのでノーマルタイプでした。以前探偵さんのを見せて貰った事がありました。

そのプロ使用にびっくりした事を覚えています。

では「探偵さん使用ココセコム〜」

●ノーマルタイプは充電式ですが、長時間使用できるように乾電池タイプに改造。

●ノーマルタイプは充電が切れかけると、アラームが鳴りますが、鳴らないように改造。

●車に取り付ける為、強力な磁石がついている。

●全体的に黒くして目立たないようにしている。


・・・です。またココセコムだけでなく、ドコモのとか色々ありました。

この改造は探偵さんがしたのではなく、その道のプロに任せるそうです。

いろんな商売があるんですね〜。

ちなみに探偵さんに試しに僕の車に設置して貰いましたが、どこにあるか発見出来ませんでした。どれだけ、車の下を覗きこんでも、手で探しても分りませんでした。

さすがプロです!!


「あれ?もしかして行動がバレてる??」


と思っているあなた!!


ココセコムが車についているかもしれません・・・。

気をつけましょう〜。

やましい行動がないなら、問題ないけどね。。。


では「弁護士探し後編」いきましょうか・・・。

ブログランキングへ

前回の弁護士さんはくどいようですが、たまたまなのかもしれません。
(弁護士さん敵にまわすと怖いから、フォローフォロー・・・・。)

でも、これから僕が弁護士を見つけて、山田と戦えたのは山田が「社長」だった事も事実です。


社長=慰謝料ガッポリ


との図式が弁護士さんにはありました。山田が社長で運が良かった?かもしれません。変な言い方ですが・・・。

例えば、浮気相手が金のない学生なら弁護士は多分動いてくれなかったと思います。(弁護士費用を沢山払えばもちろんしてくれると思いますが・・・。)

僕はお金は普通に生活出来ればいいと思っていたのですが、離婚バトルでお金の大切さ、大変さ、汚さは身にしみて分りました。。。


では・・・話を戻します。。。


弁護士会で相談したけど、あんな弁護士だと今後が不安だし、信用できない!!

弁護士も結局「金」なのか!!

弁護士のイメージがガラガラと崩れていきます。


(でもこれからどうしよう・・・。)


他に頼るところも無く途方にくれました。。。

ネットカフェに行って、また弁護士関係を探します。

弁護士一覧の中で、離婚関係を扱っているところをメモに書き、一件一件電話をしました。

でも・・・。


A「ただいま弁護士は留守にしております。またお掛け直し下さい。」

B「弁護士は面談中なので、弁護士に伝えておきます。」

C「弁護士会で相談された方がいいのではないですか?」

なんかまともに取り合ってくれません・・・。

こんなもんか・・・弁護士って。

あきらめの感情が広がって行きます。

(とにかく弁護士を探さないと!!)


でもこれ以上いい考えが浮かびません。

夜遅くなったので、悲しい我が家に帰る事にしました。



「ただいま・・・」

相変わらず返事はありません。

妻は何やらしています・・・。


僕「ん!?どうしたのそれ!」


妻は新品の・・・。


ノートパソコンを開いていました。。。




ちなみに僕のパソコンはこの時、3年前に友人から貰ったパソコンです。ハードディスク8GBの・・・。

80GBじゃないですよ。8GBです!!いろいろ壊れまくっています。パソコンが前からほしくて中古でもいいから買いたいと妻には何度も言っていたのですが、妻は・・・


妻「どうせ使わないでしょ!!もったいない!!」

と一言で終わっていました・・・。


なのになぜに新品のノートパソコン??


この時期、妻は働いておらず、いつも「生活が大変だ。お金がない」と嫌味を言っていたのに。


なのになぜに新品のノートパソコン??


妻は返事をしないのでもう一回聞きます。


僕「そのパソコン買ったの??」

妻「・・・・・・・・・・・。」


無言です。

僕「それはなに!!」

妻「ノートパソコン。」


僕「・・・それは見れば分るけど、どうしたの?」


妻「子供の面倒を見て、外にも行けなくて、家にず〜〜〜といないといけないから、子供の育て方の情報を見るのに絶対必要なんです!!」

(また会話がかみ合わない・・・。)


僕「僕のパソコンはもう限界なんだけど、一緒に使ってもいいかな?」

妻「これは私のパソコンです!!あなたはあの古いパソコン使えばいいでしょ!!」

僕「僕のは本当に限界なんだけど・・・。」

妻「これは絶対に触らないで!!貰ったんだから!!」

僕「貰った??誰に!!」


妻「前の会社の社長。」


(社長・・・山田の事か!!堂々と山田の名前を言って!!)


僕「なんでそんな高価な物貰ったんだ!!」

妻「会社でまだ経理とか教えないといけないから支給されました!これで社員に分らない事を教えるんです!!仕事です。」

僕「会社は辞めたんだろ!!」



妻「私は責任感が強いんです!!絶対に触らないで!!」


それ以上・・・言うのをやめました・・・。

妻は僕の事はまったく考えてないんだな。自分さえ良ければいいんだ・・・。まぁ浮気もしてるし罪悪感もないし・・・。でも・・・いつからそんな女になったんだろう??昔はそんな女じゃなかったのに・・・。

(はぁ〜。。。なんかなさけない。。。やっぱり世の中お金かな〜。)

山田と僕・・・妻はどんな比較をしてるんだろう??

考えるまでもないか・・・。自分が惨めになる。。。

考えれば考えるほど落ち込みます・・・。

僕は僕の信じる道を行かないと・・・。


でも・・・。

弁護士を探して、一週間、まだ見つかりませんでした。


「弁護士って見つからないもんだな〜。」


半ばあきらめを感じていました。

この頃から前にもまして、精神的、肉体的におかしくなっていくのを自覚し始めました。


「僕は・・・このまま壊れていくんだろうか・・・」


妻の浮気を知ってしまい、何も言えずに我慢をして、空回りに奮闘しているのに疲れました・・・。

眠れぬ夜が続いてました。。。




「楽になりたい・・・。」




変な事を考え始めるようになりました。。。


ブログランキングへ