なんか寒い日が続いてますね〜。

こんな日は人恋しくなってしまいます・・・。

また浮気話しの相談をされました。

女性の友人ですが、旦那さんがこの頃帰りが遅く、携帯も風呂場までもっていってる。ベランダでメールをしていた。との事です。

それは・・・・


浮気でしょ〜。。。


僕の妻も携帯を風呂場までもっていってたね〜。

隠れてコソコソメールしていたね〜。


その女性に聞きます。


僕「どうしたい?僕みたいに調べて、グチャグチャな関係になって離婚したい?」

女性「子供がいるから、離婚はしたくない。私も生活が出来なくなる。」

女性「でも、浮気してるかどうか調べたい。証拠を見せて、別れさせたい!!」

僕「知らなくていい事って、いっぱいあるよ?調べて、事実が分ったら気持ちが変わって、離婚したいと思うかもしれない・・・。」


女性「でも知りたい!!」

僕「・・・・分った。」



探偵さんはお金がかかるので、僕はココセコムの事と、携帯は暗証番号がロックになっていて、中が見えないとの事だったので、ロック解除の方法を説明しました。。。


僕「自己責任でね。途中で見つかったらダメだよ。」

女性「分った。ありがとう。」


どうなったかは、聞いたらまた報告します。

ちなみに浮気かな?と思い、探偵さんに依頼をした85%は本当に浮気だったと聞いた事があります。

浮気しているみなさん。気をつけましょう〜。


当然、バレた時の責任も覚悟してしてると思いますが・・・。



では「浮気現場・・・発見!!」です。

ブログランキングへ

妻との関係は相変わらずです。

何を言っても返事もしなくて、会話が無い状態でした。

唯一子供の話題でなんとか、会話を維持していた状態です。。。


この頃から、食事が進まず、体重が減り始めました。

この頃から、会社でミスを連続でしてしまいました。

この頃から、タバコ、お酒の量が増え始めていました。

この頃から、胃が痛くなり、常に胃薬をもっていました。



ダメですね。。。精神的に追い詰められていたと思います。

妻に浮気の事を聞く事が出来ないばかりか、なにも知らないふりをして、日常を過ごさないといけないのが、思っていたより堪えました。。。妻の冷たい態度がさらに僕を追い詰めていました。



自分で自分が壊れていくのが分ります。



このまま、浮気の証拠も分らずに、ずーっとこんな状態なんだろうか・・・。

鏡を見て、日に日にやつれている顔を見ながら、体重計を見て、日に日に減っていく体重計の針を見ながら、そんな事を考えていました。

この頃から、白髪が急激に増え始めました・・・。


根元が真っ白なんです。。。


これも結構堪えましたね。。。

会社の同僚も心配してくれましたが、妻が浮気してるかもしれないとは言えず、会社では「不治の病」との噂が流れてしまいました・・・。

家に帰るのがどうしてもいやになり、帰宅の途中で車を止めて、何時間もボーッとしていた事を思い出します。。。。

会社ではミスが続き行きづらくなり、家にも帰りたくない・・・。

なんか居場所が何処にも無い状態でした。。。

友人AやBは毎日のように電話をしてくれ、励ましてくれました。探偵さんもよく電話をしてくれ励ましてくれました。

それが無かったら、途中でどうなってたか分りません。


限界・・・。


そんな言葉を考えるようになりました・・・。



そんなある日。



思いもがけない急な展開でした。


今思い出しても、心臓の鼓動が高くなります・・・。

今思い出しても、心が痛くなります・・・。


会社で仕事中、たしか13時を過ぎていたと思います。。。

いつものようにココセコムで検索しました・・・。



「え!?」



「ここは・・・どこ?」



妻の車は今まで見た事のない場所で止まっています。

ココセコムで場所を確認・・・(住所も分ります。)


でもよく分らない・・・。


あわてて会社においてある地図を広げて調べます・・・。



ここは・・・



「前とは別の・・・。」




「公園の・・・。」




「駐車場!?」




心臓がドキドキしてます。



前回の公園とはかなり離れた別の公園!!


さらに田舎の場所です!!




「ここでも会っていたのか!!」



まったく頭になかった場所でした。



「でも今は仕事中。。。」


「どうする!!」


僕はしばらく悩みましたが、このチャンスを見過ごす事は出来ません。

僕は急遽会社を早退しました。

(あとで社長にかなり怒られたけど・・・。)


再度ココセコムを確認!!



「間に合うか!?」



僕は車に乗り込み、ココセコムの示した場所に向かいます!!

その間も何度もココセコムを確認。移動はしてません。



「間に合ってくれ!!」



祈るように何度も呟きながら、車を走らせて行きます。

車を走らせて45分。公園に着きました。

そこは前の公園の何倍も広い公園。

かなり田舎の公園です・・・。


探偵さんには止められていましたが、僕は車で公園の駐車場に入りました・・・。

今僕が見つかればすべてが無駄になります。

でもこの時はそんな余裕はありませんでした。





「今しかない!!」




そこまで切羽詰っていました。。。


かなり広い駐車場です・・・。

胸の鼓動を聞きながら・・・

僕はゆっくりと車を動かします。

一つ一つ、車を確認していきます。

そして・・・奥のほうの駐車場に入った時・・・。





ドキッ!!





妻の車が・・・




「止まっている!!」





妻の車がありました。


隠すように隅のほうに・・・。

車内には誰もいません。

僕は駐車場でベンツを探しました。

公園で会っているかもしれません。


でも・・・


ベンツはありませんでした。

こんな田舎で何処にいったんだろう??

僕は地図を取り出します。

こんな田舎にホテルなんてあるんだろうか??


必死に地図を覗き込みます。




「あ・・・った・・・。」




一軒だけ近くにラブホテルがありました。



「ここか!?」


「ここにいるのか??」



ホテルの場所を確認して、あわてて車を動かします。

駐車場から、車で3分。



そのラブホテルはありました・・・。



「・・・入るか・・・・。」



ためらいましたが、勇気を振り絞って中に入ります。

平日の昼間なのに車がたくさん止まっています・・・。


ベンツが止まっている事を願う自分と、

ベンツがいない事を願う自分がいます。



(まだ心のどこかで妻を信じたいと思う自分がいます。)



・・・

ドキッ・・・


ドキッ・・・



ドキッ・・・




ドキッ・・・





ドキッ・・・






ドキッ・・・



心臓の鼓動が高まります。



車を一つずつ確認していきます。











ドキッ!!








・・・・・・・・・・・・・・・・・。



全身が震えました・・・。


めまいを感じました・・・。


涙が・・・流れました・・・。







「嘘だろ??」




「本当に・・・」





「ベンツが・・・」











 



「止ってる!!」


   時間がとまりました・・・。





「やっと見つけた浮気の現場を。」



「受け止めよう・・・。」



「この現実を!!」



「そして・・・。」



「絶対証拠を・・・」




「つかんでやる!!」













「おまえらの!!」




ブログランキングへ